みんなの相続Q&A - 生前贈与について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç”Ÿå‰è´ˆä¸Žã«ã¤ã„て

キーワード

相続 贈与・生前贈与 不動産の相続 負債・借金 贈与税

生前贈与について

不動産の生前贈与

不動産の生前贈与について、質問させて下さい。

両親の離婚の際、家(団地)のローンの支払いが完了後に権利を母に譲るという話をしていました。
離婚して4年が経ち、ローンを完済したのですが、母よりも娘である私に譲った方がいいだろうという話になったそうです。

現在、団地には母が一人で住んでいます。4、5年の内に家を建て、母と同居する予定なので、団地は新居の頭金にするため売却予定です。

生前贈与なので贈与税がかかると思うのですが、登記なども含め費用はどのくらいかかるのでしょうか?
また、私の名義にするメリット、デメリットはどのようなものがあるでしょうか?

<家の情報>
築43年
54平米
購入価格 1600万
市場価格 600万
課税価格 250万(?)
固定資産税 6万

よろしくお願い致します。

質問者猫月 さん 質問日2012年7月5日

税理士の回答

中野会計事務所
専門家中野会計事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月6日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ご回答申し上げます。
①贈与税:課税価格250万円として14万円位。
登記費用:課税価格250万円として登録免許税が5万円位(自己の居住用の場合もう少し低くなる)
ただし、固定資産税6万円から逆算すると、課税価格はもっと高い可能性を感じます。
②メリット・デメリット
売却する予定とのこと、売却に係る譲渡所得が出るなら居住されているお母様を売主(すなわち所有者)としておかれた方が有利ですが、情報からは譲渡所得は生じにくいかと存じます。相続税対策としてのメリットは、お父様の財産全体を把握した上で検討しないと正確にはお伝え出来ません。

以上、取り急ぎよろしくお願い申し上げます。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年7月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 まず、問題の団地を処分される予定ならば、現在あえて相談者名義の登記をする必要はないと思われます。登記移転の費用として登録免許税がかかり、仮に司法書士さんに依頼すればその報酬もかかります。団地が売却できたときに、その代金の贈与を受ける形の処理をお勧めします。
 贈与税に関しては、相続時精算課税制度を利用すれば、この時点での贈与税の負担はありません。(もっとも相続時に相続財産に含んで、相続税の計算がされます。)
 個別の事情は分からないので一般的に言えば、登記を移すことのメリットは、権利を確保できることで、デメリットは公租公課等所有者としての責任を負担することです。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

生前贈与に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する