みんなの相続Q&A - 相続手続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ‰‹ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺言と遺言書 成年後見人・任意後見人 銀行預金 手続き

相談窓口

相続手続について

母が亡くなり金融機関の窓口に相続の書類をもらいに行きました。遺言書もなかったので、相続人全員の署名と印鑑証明が必要だと言われましたが兄弟4人のうち一人は既に亡くなっていると伝えると、その子どもになりますということを言われました。その子どもは他県におり先日は書留も返却されてきました。あと一人は精神的な病で印鑑証明もありません。残りの二人だけで手続は出来るのでしょうか?窓口ではもらえない証明等が必要だというのですが。

質問者SHIN さん 質問日2012年6月27日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年6月27日

亡くなった兄弟の子については粘り強く説得し,精神的な病の方は後見人を選任して・・・というような方法もありますが,面倒ですね。
金融機関に対し,二人分(4分の2)だけを払い戻すよう,交渉し,応じなかったら訴訟をすればいいでしょう。すぐ支払ってきます。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月27日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

金融機関は後の紛争を恐れて,相続人全員の同意がないと,任意の払い戻しには応じないのが通常です。
 したがって,残りのお二人で払い戻しを請求する場合には,訴訟手続を取らざるを得ないでしょう。
 ただ,場合によっては,訴訟によっても,金融機関が払い戻しを拒むことができる場合があるので,注意が必要です。

渡部直樹法律事務所
 弁護士 渡部直樹

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月27日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続の手続においては,やはり相続人全員の印鑑等が必要となります。
他県にいらっしゃる方につきましては,改めて住所をご調査いただいて連絡を取っていただくことが必要です。
精神的な疾患をお持ちのかたにつきましては,それが法的な判断能力の低下に結びつくものであれば,後見人等の選任を求め,当該後見人等に対応を求めることになると考えられます。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

二人だけでは手続きをすすめることはできません。残りふたりの書類が必要になります。相続できるというように話しを伝えれば印鑑登録するでしょう。精神的な病でも法定相続分に見合う財産をもらうのですから、後見人までつける必要があるか検討を要するでしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口