みんなの相続Q&A - 土地の生前贈与と売却で悩んでいます

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åœŸåœ°ã®ç”Ÿå‰è´ˆä¸Žã¨å£²å´ã§æ‚©ã‚“でいます

キーワード

相続 相続税対策 贈与・生前贈与 不動産の相続 負債・借金 相続時清算課税制度 連帯保証人 不動産の売却

相談窓口

土地の生前贈与と売却で悩んでいます

父(68歳)の経営する会社が倒産することになり、父が保証人となっている銀行の融資により銀行に差し押さえられる前に現在家族で住んでいる自宅の処理を望んでいます。
土地(評価額4000万程度)と家屋は父と私(35歳)の共同名義となっています。現在住宅ローンが父1800万、私700万程のこっている状態です。
生前贈与の相続時課税制度を利用して私または兄弟の名義に変更してそのまま住み続けるのと、売却してローンを精算し新たに住居を取得するのとではどちらが得策なのでしょうか?

質問者川崎仁胡 さん 質問日2012年6月25日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年6月27日

得策かとは税金の問題でしょうか。
相続時精算課税制度を使った場合,相続時に還付がありますし,税金の心配はしなくていいのではないでしょうか。売却した場合ですが,土地が,父親が購入しものかどうかによって,取得費との関係で,譲渡所得税額が発生するのか,金額がどうなるかということになります(建物がローンで購入した場合は,あまり心配しなくて構いません)。
いずれにしても,税理士に相談することをお勧めします。
なお,この時点での名義移転が詐害行為になるかどうかは,質問内容からは分かりません。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口