みんなの相続Q&A - 法定相続人の多い土地の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ³•å®šç›¸ç¶šäººã®å¤šã„土地の相続について

キーワード

相続 不動産の相続 遺産分割調停・審判 土地の名義変更 弁護士費用

相談窓口

法定相続人の多い土地の相続について

 未相続の曾祖母名義の土地に土木事務所から土地収用の話が有り500万程の補償金の提示がありました。
それと同時に相続の依頼をされたのですが、法定相続人の数が50名程存在している事が分かり、苦慮しています。
土木事務所の方からは、知り合いの弁護士さんに相談して家庭裁判所で調停をされたらどうかという話をされたのですが、実際に弁護士さんに依頼して家庭裁判所で調停を行って相続の手続きをした場合には、どうなるのでしょうか?
裁判にかかる費用以上の金額が相続出来るのでしょうか。宜しくお願いします。

質問者南国育ち さん 質問日2012年6月22日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年6月22日

弁護士費用もそうですが,相手が49名もいると,代償金を請求する人もいるので,単独相続するには,出費が500万円を超える,なんてことは容易に想定できます。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 弁護士費用等を超える相続分を取得できるかは,法定相続分や他の相続人の態度によりますので,一概には判断できません。
 本件では相続人が50人もいらっしゃるということで,相続人全員に遺産分割調停に参加してもらうのは大変だと思います。
 そこで,まずは相続分譲渡や相続分の放棄によって,調停前にある程度人数を絞ることを検討してみるとよいと思います。
 そのために,ひとまずは手紙等で,相続分を譲渡ないし放棄してもらえないか,相続人の意思を確認してみてはどうでしょうか。(なお,その後の手続きには相続分譲渡証明書等が必要になります。)
 ある程度人数が絞ることができれば,遺産分割調停の申立てを行うと良いと思います。

渡部直樹法律事務所
 弁護士 渡部直樹
 
 

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

 50名とは大変ですね。旧民法の家督相続は検討しておりますでしょうか?曾祖母名義との事なので場合によってはとおもいましたが・・・。それにより法定相続人は半分程度に減るかもしれません。そうすれば、またはそうでなくとも、相続人が判明しているのであれば、費用によっては署名捺印をもらうというのも良いかもしれません。場合によっては時効取得でもいいかもしれませんね。調停をされる場合は弁護士の先生と相談してください。

弁護士の回答

トラスト綜合法律事務所
専門家トラスト綜合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

当職にて実際に取り扱ったケースでは、相続人の中に所在不明者がおり、その者の財産管理人の選任が必要となったものがありました。
取得時効の成立なども検討しましたが、結果的に難しく、大変な手間がかかったと記憶しております。

弁護士費用がどれくらいかかるかも弁護士によって異なるでしょう。そもそも50名程の相続人の現住所を探すだけでもそれなりの時間がかかりますし、その住所に連絡をしても応答がない場合は後追いをする手間が発生します。一人でも所在不明の相続人がいれば不在者財産管理人の選任が必要となります。

逆に言えばそれをクリアできれば通常の遺産分割とほぼ手間は変わらないということになりますので、やってみる価値がないとまでは言えないでしょう。遺産分割ができなければ補償金は入ってこないのですから、下手をすると弁護士費用を払っただけ損ということにもなってしまうリスクがあります。その辺りを事前によく相談されてから依頼を検討されてみてはいかがでしょうか。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口