みんなの相続Q&A - 意識不明の人の預金(定期預金)を引き出す方法

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ„è­˜ä¸æ˜Žã®äººã®é é‡‘(定期預金)を引き出す方法

キーワード

相続 手続き 銀行預金 成年後見人・任意後見人

相談窓口

意識不明の人の預金(定期預金)を引き出す方法

父が3か月ほど前に脳梗塞で倒れその後別の心臓の疾患や感染症による低血糖などで意識障害に陥り現在植物状態になってしまいました。
今後のことも考え父の郵便局や銀行に預けてある預貯金をすべて引き落としたいのですが、窓口に申し出れば簡単に手続きしてもらえるのでしょうか?
死亡後は親族の承諾書などが必要(?)などと聞いたことがあるのですが。。。生存中はどうなのでしょうか?委任状があればできるとのことですが、既に意識がないのでそれは不可能な状態です。
また、通常預貯金と定額預貯金では手続きが違うのでしょうか。
詳しく知りたいのは定額預貯金の解約・引き落としについてです。
どうぞよろしくお願い致します。

質問者koro さん 質問日2012年6月15日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年6月15日

正式な方法は,後見人を選任することですが,面倒な場合,本人を騙ったり,委任状を偽造したりして,解約することがよくあります。
手続は,銀行等に電話で確認して下さい。
親族間で了解を得ずにされた場合が,トラブルになることもあります。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 基本的には,委任状がないとお父様の口座であても解約等は難しいと思います。
 ただ,手術費が支出できない等,緊急を要する場合には,事情が事情ですので,診断書等を提出すれば当該費用について引出しに応じてくれる可能性はあると思います。各銀行によって対応が異なりますので,この点については銀行窓口で直接御相談されるとよいと思います。
 全額の引出しや解約等を行う場合には,家庭裁判所に成年後見開始の申立てを行い,後見人を選任してもらうのがよろしいかと思います。ただ,後見人の選任には様々な調査が必要ですので,少なくとも1か月は時間がかかってしまいます。

渡部直樹法律事務所
  弁護士 渡部直樹

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

 植物状態であれば、意思能力がありませんので、裁判所で後見人を選任し、後見人が手続きをすることになるでしょう。簡単ではありません。

 お亡くなりになられた後は、相続手続きとなりますので、戸籍や分割協議書を作成して、もしくは金融機関所定の用紙に署名捺印する方法などにより、相続人が手続きをします。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口