みんなの相続Q&A - 預金の生前贈与について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é é‡‘の生前贈与について

キーワード

贈与・生前贈与 相続の対策と準備

相談窓口

預金の生前贈与について

現在、両親は高齢ですが健在です。
子供は私、一人です。

年齢的な順番でいくと父が先に亡くなり私が母の介護をすることになると考えられます。

父の遺族年金では、生活が厳しくなるため母の預金(現在2000千万ほどあります)を切り崩しての生活になります。

母が認知症になったり、身体が不自由になり介護が必要になった場合、母の預金を私が管理することになると思います。

私は一人暮らしをしていますが収入が少なく、親から物品の援助を受けて生活を維持している状態です。

母が預金の管理能力がなくなってしまった場合、母、そして私の生活費として私が預金を引き出したら生前贈与とみなされるのでしょうか?

そして毎月、必要な額を下ろし、母が亡くなるまで結果的に2000万をほとんど残らずに引き出してしまうことになった場合、法的に問題になるのでしょうか?

ちなみに、母は自分が介護が必要になった時は私が預金の管理をすることは同意しています。

ご回答、よろしくお願い致します。

質問者ゆう さん 質問日2008年7月10日

弁護士の回答

塩澤法律事務所
専門家塩澤法律事務所
回答日2008年7月11日

お母さんの生活費については、いくら引き出しても贈与とはみなされません。
自分(私)の生活費として引き出した場合、基本的には、生前贈与とみなされます。
生活のために、引き出していった場合、結局残らなかったとしても、法的な問題は生じないと考えます。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年7月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

親子は相互に扶養義務がありますので、どちらかが自力で生活を維持できないときは、一方が生活の面倒を見ることになります。
そうするとお二人は生計を一にする親族の間柄となりますので(現在もそのようですが)、生活費等の日常の出費のためにお母様の預金を費消しても問題はありません。
 余計なことかもしれませんが、お母様名義の預金というのはお母様の財産か、お父様の財産がお母様の名義になっているのか、をははっきりしておかなければなりません。お父様の相続のときに間違えないように判断してください。
税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口