みんなの相続Q&A - 土地の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åœŸåœ°ã®ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 不動産の相続 相続放棄 固定資産税 争続・トラブル 寄与分 葬儀費用

相談窓口

土地の相続について



数年前に祖父が他界し、土地の権利は祖母が半分、そして残りの半分を父の姉2人と父の3人がもっています。

もともとは1戸建だったのですが、片方の姉が離婚し戻ってきたので増築。
しかし子どもが2人いて、いずれ部屋数が足りなくなるので、新婚だった父に「その家を買ってほしい」とお願いしました。もう5年ほど住んでいたのに新築同様の金額で父が買い取りました。

もう片方の姉は結婚し、土地も持ち家も持っています。

また、祖父が生前「いずれここは○○(父)に継いでもらいたいから固定資産税を払ってほしい」ということで、父は今まで払ってきていました。

祖父の葬儀も父が全額負担しました。
お墓の名義も父です。

そして父は家を新築しようと思い、相続放棄をお願いしようとしたところ、2人とも「絶対お金がほしい!」と言い張っています。
また、父に家を買ってほしいとお願いした方の姉は、「そんなことは言ってない、むしろ追い出された」と言い出しました。

祖父の遺言書はありません。
口頭だけでは意味がないですよね?

長い説明になりましたがこの場合、相続放棄してもらうのは難しいとしても、固定資産税の件など考慮されて支払う金額を少なくすることはできますか?よろしくお願いします。

質問者Hana さん 質問日2012年6月4日

弁護士の回答

広尾総合法律事務所
専門家広尾総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

祖父の財産は何ですか?

土地は,祖母,父とその姉妹のようですが。。。

建物のことで揉めているのですか?

建物は父が買ったとのことだとすると,父名義ではないのですか?

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

 まず、数年前の祖父の相続について今、相続放棄(家庭裁判所への申述)はできません。
 遺産分割協議をすることになります。

 土地については共有との事でしたが、建物はどうでしょうか?お父さんが姉から買い取った時に、お父さん名義にしてはいないでしょうか?お父さん名義であれば取り壊しはお父さんの自由です。

 土地について、現在共有名義となっているところ、お父さんの単独所有にしたとのことであれば、状況からしてお父さんが買い取るしかありません。
 土地が、祖父名義であれば遺産分割協議により行き先を決めることになります。遺言などがなければ、すべては交渉次第ということになりますが、祖母の意向を確認したのち交渉してはどうでしょうか?祖母の面倒はだれが見ているのでしょうか?場合によっては祖母と同居、面倒を見るなどを条件として提示し、交渉するのも一つの方法かと存じますが・・・。親族間の交渉は遠慮がないのでこじれることが多いですが、うまくやってみてください。

 なお、状況把握が不十分の為、一部推測により返答させていただきました。ご了承ください。

弁護士の回答

トラスト綜合法律事務所
専門家トラスト綜合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

家はお父様が買い取ったが、名義は御祖父様のままであり、固定資産税はお父さまが払っていたということでしょうか?
仮にそうであれば、そもそも家は相続財産ではありません。この点に争いがある場合は、遺産の範囲を確認訴訟で争う必要がありますが、家がお父様のものであると認められれば御姉様方に家の持分等を分割する必要はなくなります。

そうではなく、家は御祖父様のものである場合は、遺産分割が必要となりますので、まとまらない場合は調停ないし審判が必要となります。
その際、葬儀費用などは考慮されますが、固定資産税の支払いはどのような趣旨で主張するかによって異なってきます。

弁護士の回答

ウカイ&パートナーズ法律事務所
専門家ウカイ&パートナーズ法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

前提として、亡くなられた祖父の相続財産の内容や、問題となっている不動産の範囲(建物だけなのか、土地だけなのか、あるいはその両方なのか)を整理することが必要かと思われます。

 まず、建物についてですが、名義がお父様であれば、建物を取り壊すことはお父様の自由です。
次に、法定相続分に従った共有状態になっている土地についてですが、法定相続分と異なった分割をするためには、当事者間での遺産分割協議、あるいは家庭裁判所での調停または審判を申し立てることになります。
 なお、本件では、相続発生時から日にちが経っていること、他の相続人の対応からすると、他の相続人に相続放棄の手続をとらせることは難しいと思われます。

 遺産分割協議と調停は、当事者の話し合いによって分割方法を決めるものであり、審判は裁判所が分割方法を判断するものです。
遺産分割協議をする際には、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況等その他一切の事情が考慮されることになります(民法906条)。
このように、幅広い事情が考慮要素とされるので、お父様が固定資産税を長年負担されてきたことや、葬儀費用を全額負担されたことを、遺産分割協議にあたって主張することはできます。

もっとも、お父様が家を買われた経緯に関して、他の相続人が異議を述べていることからしますと、任意で話をまとめるのは難しいように思われます。

もし、当事者のみの協議が調わないようであれば、家庭裁判所に遺産分割の調停もしくは審判を申し立てます。
審判になった場合には、家庭裁判所が、上記の様々な事情を考慮して、遺産分割の方法を判断することになります。その結果、他の相続人に対して支払う金額が、法定相続分に比べて少なく判断される可能性はあります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口