みんなの相続Q&A - 伯父の相続権について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä¼¯çˆ¶ã®ç›¸ç¶šæ¨©ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺留分 遺言と遺言書 遺産分割協議 遺産相続の割合 相続権と相続順位 遺言書の検認

相談窓口

伯父の相続権について

http://www.souzokuguide.com/q_a/2653/
の質問についてお忙しい所お答え頂きありがとうございました。

権利があるとの事なのでもう一度だけお伺いしたい事があります。

子供がいなくて奥さんがもうすでに他界している父親方の伯父が亡くなりました。
伯父の両親(私からだと祖父母)は他界しています。

父親の兄弟(父親以外に2人)はまだ健在です。

父親はその伯母よりも早く他界していますが私の母親はまだ健在です。

他の伯父(叔父)が健在で、父親が他界している私にも相続権があるのでしょうか?

私の印鑑がいるので遺書を公開する時に、私に出て欲しいと遺書を預かっている叔父に頼まれました。

上記の場合で我が家は私以外に母親と姉がいるのですが、母は権利が無く、姉と私にそれぞれ1/6あり父親の兄弟2人にそれぞれ1/3の権利があるのでしょうか?
姉にも1/6の権利があるのなら私だけを呼び出すのではなく姉も出席しないといけないのでしょか?それとも代表で私だけで良いのでしょうか?

また遺書の内容次第では兄弟間の相続には遺留分が認められていないようなので一切相続が出来ない場合があるのでしょうか?

もし遺書により一切相続が出来ない場合ですが、父から昔何度も聞かされた事があるだけで証文等が無いのでそのままになっていた土地の事で教えて欲しい事があります。
それは40年程前にその伯父に半分だまし取られたような土地(5年ほど前に売却されてしまいました)の売却代金の一部でも請求出来ないのでしょうか?

その土地は30年以上も今回亡くなった伯父が実質管理していたので本来は無理だとあきらめていました。
でも今回相続の権利があるという事なのでいやしいようですが欲が芽生えてきました。

何か良いアドバイスがあればお願いします。

質問者遺族 さん 質問日2012年5月28日

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年5月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

 遺書の公開が自筆証書遺言の検認手続の事であるならば、興味がなければ欠席でもかまいません。そうではなく、単なるお手紙を公開し、その内容に従って遺産分割協議をするのであれば、貴方と貴方の姉が出席する必要があります。相続分は1/6ずつです。
 遺書が遺言書であった場合は、貴方には遺留分がありませんので、一切相続できないケースもあります。単なるお手紙であった場合は、納得いかないといって印鑑をおさず、交渉してください。
 40年前にだまし取られた土地に関して、何らかの請求を本格的にしたいならば、弁護士に依頼すべきと考えます。だまし取られたならば詐欺ですが、40年も前では除斥期間の経過により請求は難しいですかね。まあ状況しだいではないでしょうか?
 

弁護士の回答

広尾総合法律事務所
専門家広尾総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年6月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

(法定相続分)
第九百条  同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。

一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。

二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、
配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。

三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。

四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。


相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口