みんなの相続Q&A - 不動産相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä¸å‹•ç”£ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 不動産の相続 相続放棄 手続き 不動産の売却 遺産分割

相談窓口

不動産相続について

こんにちは。
不動産ん相続のことで悩んでおります。
どうかお力をお貸しください。

祖母が亡くなり相続の問題が発生しました。

祖母の土地、家を相続するのは
祖母の長男、次男、長女ですが次男(私の父)は既に亡くなっているため、長男、長女と次男の娘である私と双子の姉が相続することになるそうです。
祖母が生前の頃に皆でその書類にサインをしています。

で、今頃になって、長男が相続を放棄して欲しいと言ってきました。
内容は自分が祖母の面倒を見たためお金がなくなった
などなどですが、どうやら借金か何かがあるようなのです。

長男は祖母の面倒はみましたが、その代わり祖母のお金を使いたい放題使った挙句、お金がなくなったので土地と家を売り、借金返済に当てようと考えているのだと思います。
ですが長男は自分が住む為であって売らないと言い張っていますが信用できません。
もし、売るのであれば法律に従って相続したいと思っています。
がしかし長男が本当に住む為なら身内ですし、サインをしても良いと考えているのです。

そこでサインをすることを承諾した場合に同意書の様な書類を作成して売らないことを約束してもらいたいのです。

その書類の書き方やどの様な書類が必要になってくるのかが分からないで困っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

質問者桜 さん 質問日2012年5月16日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年5月17日

売らないという約束は,いくら書面にしても,債権的な効力しかありません。共有名義にして,長男に貸せばいいのではないでしょうか。長男が,家は売らない,住みたいだけだ,と言っているなら,それでもいいはずですで,長男が単独所有にしなければならない理由は,長男にもないはずです。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年5月18日

長男が相続した土地、建物を売らないことを書面で約束しても、それは法的に強制力がないので、あまり意味はないでしょう。
それよりも、売った場合は代金のうちあなた方の相続分(1/3)を支払うとの書面を書いてもらった方が良いと思います。
払わなければ、訴訟を起こせば勝訴します。

弁護士 山城 昌巳

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年5月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

 売却しない旨の念書か何かを作成したとして、それは何年間売却できないとするのでしょうか?
途中で売却してしまった場合はどうするのでしょうか?

 たとえば、「わたしは下記の土地建物を30年間は売却しません」と記載し、署名捺印をさせてもそれだけでは貴方の意思は達成されないでしょう。どうしても売却させたくないのであれば、仮登記をするなどし、売却できないようにする必要があると思います。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口