みんなの相続Q&A - 遺産相続において取得時効が成立するのでしょうか?

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶šã«ãŠã„て取得時効が成立するのでしょうか?

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 相続放棄 固定資産税 代襲相続 土地の名義変更 遺産相続の割合 時効

相談窓口

遺産相続において取得時効が成立するのでしょうか?

26年前に他界した祖父名義の土地を11年前に他界した父の代襲相続として今年、私が相続するに至り、遺産分割の協議になりました。その後、血縁関係のない祖母が6年前に他界しました。相続人が私と叔母の二人です。私が千葉県、叔母が福岡県に在住です。司法書士から印鑑代20万の提示で祖父の土地の名義変更に同意するよう求めてきました。私としては法定相続分を頂きたいと思っております。しかし土地と叔母の住む場所が福岡県ということもあり、私はその土地については知る由もありませんでした。叔母からすると無関係なので放棄を願っているのであろうと思われます。叔母は祖父の家及び土地を管理していて、何年間、支払われたのか不明ですが、固定資産税も支払っているという主張です。叔母は「占有」とはいっておらず、また、住民票は祖父の土地の県ではありません。祖母が亡くなったのが6年前とあり、民法162条、186条が当てはまる可能性があるのかを知りたいと思います。例えば10年間、固定資産税を払ってきたので占有、時効取得となるのでしょうか?

質問者千葉太郎 さん 質問日2012年5月15日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年5月15日

叔母単独の占有では,10年にも満たないようですので,時効取得は認めらようがないのですが,祖母の自主占有を承継することにより,10年ないし20年の占有に基づく時効取得が考えられます。
ただ,共同相続人の一人が,相続時に自主占有を取得したと言えるためには,単独で相続したものと信じて疑わず,相続開始とともに現実に占有を開始した等々,自主占有を取得するには,少し厳しい要件があります。
相続開始後に,自主占有に転換したというためには,民185条を満たす必要があります。
したがって,固定資産税を10年払ったかどうかで,時効取得が決まるものではありません。
こんご,こちらの権利を主張し,相手と交渉する場合は,弁護士に依頼または相談されたらいいかと思います。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年5月16日

対象物件の占有がないから、時効取得にはならないと考えられます。
固定資産税は、相続人全員が負担すべきものですが、近いところに住んでいるので税務署から請求されて支払っていたのかと思われます。
相続分を頂きたいなら、その土地の時価を調べて、あなたの相続分を計算すべきでしょう。
そのうえで、遺産分割協議をして協議書を作り相続の登記をすべきでしょう。

弁護士 山城 昌巳

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年5月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

 固定資産税を払っていた事のみで占有、時効取得というのは、ちょっと強引な感じがします。時効取得が成立するには、所有の意思をもって平穏かつ公然と占有しなくてはなりません。
 固定資産税を払っていても自分がそこにおらず、祖母が自らの占有代理人でもないとしたら、占有しているとは言えないと考えます。
 しかし、叔母が祖父の家を管理していたとの事なので、その管理がどの程度のものかにもよるのではないでしょうか?

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口