みんなの相続Q&A - 亡き夫名義の不動産

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > äº¡ãå¤«åç¾©ã®ä¸å‹•ç”£

キーワード

相続 遺産分割 遺言と遺言書 不動産の相続 遺産相続の割合 土地の名義変更

相談窓口

亡き夫名義の不動産

20年以上前に夫が亡くなりました。
子どもは3人います。
夫名義の不動産がありますが、名義変更をしていません。
このときに、法定相続をすれば、私=2分の一、子どもたちは6分の一ずつになったと思います。

このままで、私が死亡すると、子どもたちは3分の1ずつを相続する権利が発生しますよね?
私の死亡時に、私が生きていれば相続できたはずの2分の一を特定の子どもに相続させることはできますか?
つまり、子ども①に3分の二、子ども②と③には6分の一にしたいのです。
その方法があれば、ご教示ください。


質問者ゆめこ さん 質問日2012年5月14日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年5月16日

生きているうちに相続は発生しませんから、遺言書でそのようにさせることは出来ます。
公正証書による遺言は、検認手続が不要で、要式も適法ですから、公証人役場に行ってその旨の遺言書を作ってもらったら良いと思います。
これとは別に、夫の相続につき登記をした方が良いかと思います。
また、相続税がかからない程度の不動産であれば、夫の相続につきあなたはゼロで、①の子に2/3、②と③の子に各1/6との登記をすれば良いと思います。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

税理士法人 永瀬事務所
専門家税理士法人 永瀬事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年5月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

20年以上前の名義変更も可能ですので、
旦那様の相続にさかのぼり、
奥様2分の1、お子様たち6分の1の
名義変更の手続きは行えます。

次に奥様のお話ですが、
遺言により、お子様①に相続とすることは出来ますが、
お子様②、③には、遺留分を請求(法定相続分の2分の1)
することが出来ますので、
それぞれ6分の1の主張があります。
ですので、ちょっと難しいと思われます。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年5月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

 まず、ご主人の相続手続きをされるのがよろしいでしょう。その結果をふまえた上で、遺言書の作成をおすすめいたします。遺言執行者を選任すればより良いと思いますが、費用もかかりますので、実情に合わせてご検討ください。

 テクニカルな方法もありますが、うまくいかない事もありますので、確たる意思があるようですからお勧めはいたしません。

 なお、費用を節約したいのであれば、一定ところまで手続きを進めた上で、不動産登記手続きをしないという選択肢もあります。この場合はリスクもありますので検討が必要です。

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年5月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言によって相続させる割合を指定することが可能です。
また,遺言は公正証書による遺言が確実でお勧めです。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口