みんなの相続Q&A - 預貯金の源

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é è²¯é‡‘の源

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 遺産相続の割合 争続・トラブル 銀行預金 相続財産

相談窓口

預貯金の源

母が他界し、相続人である子3人(兄・自分・妹)で相続の折り合いがつきません。

実家の母とは兄夫婦が同居しており、残っている母名義の預貯金は、実質は生活費を入れていた自分達夫婦のものであると主張しております。
母は公務員を定年退職し、かなりの退職金もありましたが、実家改装工事などで一旦は使ってしまったとの説明を受けました。
その実家については、生前母から兄夫婦に相続してやってほしいとの申し出があり、妹と自分も実家の土地建物については亡き父の名義から兄名義にし、これを快く承諾しております。

今回、妹と自分は分割できる現金についての法定相続分3分の1づつを主張しているのですが、
兄は複数の口座を隠しており、預金総額も一部しか開示してくれません。
母には共済年金(約40万円)という収入源もありました。
母名義の預貯金の源が兄からの生活費だという主張は認められるのでしょうか?
また、こういった兄の主張に納得できない場合、遺産分割協議書の作成も進まず、今後が心配です。

よい解決法のアドバイスを宜しくお願いいたします。

質問者次元大介 さん 質問日2012年5月11日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年5月11日

誰の預金かという問題は、誰のお陰で、その預金が出来たかという問題と次元の異なる話です。普通、子供が、無償で親名義で預金の積み立てすることはありません。
家を兄に相続させた以上、預金について権利を主張することは、何ら問題ありません。
母名義の預金については、兄に頼らず、調査することは可能です。兄との話し合いがつかない以上、早めに見切りをつけ、分割ではなく、金融機関に直接請求する方法をとって下さい。調査の点も含めて、専門家に依頼した方がいいと思います。
なお、父名義の建物の名義移転ですが、母の死後のことかどうかわかりませんが、決まった遺産から処理してゆく一部分割は、トラブルの元ですから、原則、やってはいけないことです。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年5月11日

お兄さんの主張は筋が通りません。
あなたは、母の相続人ですから、そのことを戸籍謄本によって証明すれば、銀行は母名義の預金口座の、過去の出入りも含めた取引の履歴のコピーをくれます。
それを見れば、母の預金残高が分かります。
そうすれば、お兄さんが隠している預金残高も分かります。
但し、銀行名、支店名を先ず調べることです。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年5月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

【遺産の調査について】
まずはお母様の遺産,特に預貯金につきましては,今後の対応を検討するにあたり,正確に把握しておくことが必要です。相続人であれば金融機関から履歴を発行してもらうことが可能ですから,金融機関へ問い合わせされることをお勧めします。
【お兄様の主張について】
お兄様がお母様名義の預貯金が自分の収入によるものであるとの主張につきましては,お母様の収入状況,そしてお兄様の収入状況が明らかになりませんと,その主張が認められることは難しいと思います。
したがって,次元様におかれましては,まずはそのような資料を徴求し,慎重に検討を行うことが必要と思います。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年5月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

 相続財産については貴方も相続人ですから調べることが出来ます。銀行等で残高の確認をしてみましょう。
 
 母名義の預金の源が兄からの生活費という主張とは、兄が母に生活費を渡していたということでしょうか?考えにくいですが、そうだとしても、それは兄から母に対する贈与であるため、消費されていない残金があれば、それは母の預金であり、相続財産と考えてよろしいかと存じます。ただし、兄から母についての過去の扶養料の精算を求められているのだとしたら、兄が生活費として母に渡した金額の3分の1は貴方の負担分だと言われても、おかしくはないでしょう(ただし、その他生活状況による)。

 あまりお兄さんの責めると話し合いは暗礁にのりあげ、最悪訴訟になってしまうでしょう。お兄さんの立場を理解し、お母様の面倒をみてくれてありがとうという感謝の気持ちで接しつつ、昔話なども織り交ぜながら話をしてみてください。
 それでもダメそうであれば、またご連絡ください。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口