みんなの相続Q&A - 知り合いのお祖母さんの世話

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > çŸ¥ã‚Šåˆã„のお祖母さんの世話

キーワード

相続 遺贈 口約束

相談窓口

知り合いのお祖母さんの世話

自分の母親がお婆さんの世話をしてきました。お婆さんは治らない癌で病院を行くのにも自分の母親がお婆さんを 病院に連れて行ってました。週2日それと家の植木の世話や食事や様々な世話をしてきました。お婆さんは自分の母に、私が亡くなったら500万円をあげるからと言うてくれてました。今は弁護士さんが入ってますが口約束の効力は有るのですか?それと。貰う権利はあるのでしょうか?

質問者南博紀 さん 質問日2012年5月6日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年5月6日

口頭の贈与(死因贈与)は,いつでも,撤回することができ,お婆さんの死後は,相続人が撤回権を行使することができます(民550条)。その意味で,「貰う権利」は「撤回権の留保された権利」という弱いものです。
「弁護士さんが入っています」というのが,後見人が選任されているということでしたら,もはや,遺言をしてもらったり,死因贈与を書面化することはできません。
 それでは何も言えないのかということですが,事案によりますが,負担付き贈与であり,撤回権が制限されるというような主張も可能かもしれません。
 また,当然のことですが,贈与を撤回できるかという以前に,贈与契約があったことを立証できるかという問題はあります。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年5月11日

口約束にも、法的効力はあります。
もらう権利は、相手方(お婆さん)の全相続人が了解することにより発生します。
というのは、口頭による贈与は、履行されていない場合は、いつでも取り消すことが出来るからです。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年5月6日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

亡くなったら500万円をあげる,と言われているとのことですが,これは,死亡したときに贈与するという死因贈与契約に該当すると考えることができます。そして,この場合は口頭であっても,理屈上は効力が生じます。しかし,実際には書面がないとトラブルが生じるケースが多く,また,これが立証できないと贈与は認められません。
 ご質問のケースでは,後々のトラブルを避けるため,遺言を作成してもらって明確にしておくべきでしょう。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年5月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言書を作ってもらうことが必要です。但し遺言書は、書き換えができるので、もらう権利として確立しているわけではありません。確定させるには、死因贈与契約か、養子縁組にする必要があります。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年5月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

 「私が亡くなったら500万円あげる」というのは死因贈与契約と考えることができます。口頭でも贈与契約は有効に成立します。したがってもらう権利はありますが、他の相続人との間で争いとなった場合、立証するのが困難です。あの手この手で、他の相続人を納得させるしかないですね。
 弁護士さんが入っているとの事ですので、争っているのだろうと思います。弁護士の先生に期待しましょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口