みんなの相続Q&A - 母を守りたいんです。

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ¯ã‚’守りたいんです。

キーワード

相続 遺産分割 争続・トラブル 寄与分 葬儀費用

相談窓口

母を守りたいんです。

私の母は兄と妹の3人兄弟です。
20年前に祖父が他界して以来祖母はずっと一人で暮らし、金銭的にも生活もすべて一人でがんばってきました。
そんな祖母が3年前頃から腰を痛めて、不自由が多くなり、母が毎日1時間かけて祖母の家に行き、洗濯、掃除、買い物等家の事や病院の付き添い等すべて母が行ってきました。
母は3年前に胃がんの手術を行い、1年間は絶対安静だったにも関わらず、ずっとがんばってきました。
私も会社員で土日休みですが、できる限り祖母の家に通ったり病院に毎週付き添ったりと努力してきました。
兄はうちと変わらず祖母の家から1時間以内の場所に住んでいて、妹に限っては隣の駅に住んでいます。
ですが、兄も妹も何もせず、すべてを母一人にやらせてきました。
毎月の定期代もきついし、精神的にも体力的にも母も60歳なのできついと兄と妹には話しましたが、そんなのみんな一緒だと言われ(意味不明ですが)何もしませんでした。
兄夫婦は祖父の時も、祖母の時も結局何もしなかったのです。
兄の嫁に限っては、祖父が亡くなった時も何もしないでお線香だけあげて帰ってしまうような人で、祖母にも年に1回も会いに来ないし連絡すらしないような人です。
お墓参りにもまったく行きませんし、もちろん金銭の援助すらしていません。自分たちのお墓は別で買ったといってきたのです。

祖母が1月に亡くなったのですが、こんな兄や妹に祖母のものを何も渡したくないし、祖母も「兄には財産を渡したくない。母と私にあげたい。」と言っていたので、銀行にお話しをしたら、いつも母が祖母に付き添っていたのをずっと見ていてくれたので、定期預金を私と母の口座を作ってうつしてくれたのです。
ですが、今まで何もしなかったのにも関わらず兄は1円も出したくないようで、祖母の通帳を家中あさって、定期預金の金額を利息から算定し、私たちにすべて払えと手紙を送ってきました。
感謝の気持ちや謝るどころか、今後の1回忌や3回忌も支払えといってきたのです。

もうすべて許せなくなり、今まで母が1人でがんばってきた分の毎月の定期代や母が祖母の家に行く事によって働けなくなったパート代を請求しようと思っています。
この請求は行えるものでしょうか?
母が支払った兄弟3人で行うべく金額÷3を兄に請求するつもりです。
ご回答の程、よろしくお願い致します。

質問者にゃやこ さん 質問日2012年4月23日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年4月23日

過去の扶養料請求(求償も含む)は,審判事項ですので,家庭裁判所に申立てをして請求することになります。
定期預金については,もらったということでよろしいのではないでしょうか。祖母の意思で定期預金を移してくれたことが立証できれば問題ありません。
手続,立証の問題もありますので,専門家に依頼された方がいいでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年5月1日

この請求は、寄与分の請求ではなく、祖母の面倒を看る為に要した費用ということになります。
その種の請求は、被相続人が支払うべきものである、すなわち相続負債と認められる場合には可能です。
あなたの主張は、寄与分に関係しますが、親子間で寄与分はなかなか認められません。というのは、相互に面倒看るべき義務があるからです。
また、寄与分は、被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者が認められるもの、通常の療養看護をするだけではその要件を満たしません。(民§904の2)

弁護士 山城 昌巳

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年4月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは。行政書士の服部です。

 最近、こういった介護や扶養(主に介護)と関連したご相談が増えてきております。いつも、被相続人の生前にご相談していただければなぁと思う訳です。貴方の悔しい気持ち、お察し申し上げます。

 まず、遺産分割については特に問題にはなっておらず、遺産である預金はすべてお母さんが相続したとのことでよろしいでしょうか?祖母のご自宅は持ち家ではないでしょうか?その辺りも気になります。
 
 兄に請求する金額についてですが、祖母の扶養料の請求ということでしてみてはいかがでしょうか?親子であれば互いに扶養する義務があります。もちろんそれぞれの生活事情を勘案してということになりますが・・・。とりあえず単純に扶養に要した費用を三分割するということで話してみてください。協議が成立すればそれで良いですし、不成立なら裁判所のお世話になるしかありません。

 扶養料の算定についてですが、パート代を請求するよりも、同様のサービスを提供する有料の業者に依頼した場合、いくらかかるか?を算定基準にしたほうが、金額が増えるのではないか?と思いますので検討してみてください。介護が必要であれば居宅支援なども受けた場合の費用も含めて、三分割してはいかがでしょうか?

 健闘をお祈りしております。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年4月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

通常は、遺言書をかいておいてもらうか、遺言がない場合は、遺産分割の中で、寄与分として主張するものです。直接に兄に請求できるかについては、立替金として支出していたことが、必要になります。払ってもらうには裁判が必要でしょうから、むつかしい問題です。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口