みんなの相続Q&A - 成年後見人

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æˆå¹´å¾Œè¦‹äºº

キーワード

相続 相続放棄 成年後見人・任意後見人 遺産相続の割合

相談窓口

成年後見人

法定相続人は、夫と両親です。

私より先に両親が死亡するのであれば問題はないのですが、もしも私が先である場合に問題となるのは、母が重度の認知症であるということです。
遺言書で、両親に相続放棄をお願いするのですが、執行時に母が存命であれば成年後見人は必要なのでしょうか?

質問者Rokomoko さん 質問日2012年4月19日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年4月19日

遺言は,両親に相続放棄をお願いするものではありません。
遺贈を受けた夫が,単独で,名義移転手続をすることができますので,両親が認知症であるかどうかは,執行手続とは関係ありません。
ただ,両親が遺言の内容に不服であれば,父親及び母親が,遺留分減殺請求をしてくる可能性があり,その場合,母親について,成年後見人を選任する必要があります。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年4月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは。行政書士の服部です。

 遺言書で相続放棄をお願いしても構いませんが、法的な拘束力はありません。お母さんに後見人を選任していたとすると、後見人の仕事は、お母さんの財産を守ることなので、基本的には、後見人は相続放棄をしません(特別な理由がなければ裁判所が認めません)。

 貴方の場合は、夫に全財産を相続させる旨の遺言書を作成するのがよろしいかと存じます。ご両親が遺留分を請求してくることも、通常ではあまりないのではないか?と存じますが、してきそうでしょうか?

 また、貴方が先に亡くなられた場合の心配も必要かもしれませんが、お父様がお母様より先に亡くなられたときの対策(主に遺言)も必要ではないかと存じます。もちろん諸事情に依りますが・・・。
 
 

弁護士の回答

トラスト綜合法律事務所
専門家トラスト綜合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年4月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続放棄をお願いする理由が、債務超過の可能性があるからなのか、それとも相談者様の配偶者に単独相続させるためなのかが不明ですが、いずれにせよ、重度の認知症で既に意思能力を欠いている場合は、まず成年後見人の選任申立てをする必要があります。

相談者様の配偶者に単独相続させる目的であれば、遺言で放棄をお願いするという方法ではなく、配偶者にすべての財産を相続させる旨の遺言を作成し、(必要であれば)両親には予め遺留分を放棄してもらうのが通常です(家庭裁判所の許可が必要となります)。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口