みんなの相続Q&A - 相続放棄をしようかと思っていますが

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„をしようかと思っていますが

キーワード

相続 相続放棄 負債・借金 手続き 年金 動産処分費用

相談窓口

相続放棄をしようかと思っていますが

先日、叔父が亡くなりました(妻死亡、子なし)。
相続人は叔父の兄弟5人です。
叔父とは長い間行き来もなく、調べた所通帳の残高も少なく、負債額も分からないため相続放棄しようかと思っています。

質問1:未払い年金があり、兄弟の1人が既に代表として受け取っていますが問題ないですか?
(代表者は叔父にお金を貸していた。借用書はない)
質問2:公営住宅に住んでいたので、生活用品はすべて処分してしまいましたが問題ないですか?
質問3:唯一持っている動産は車のみ。車は古いので廃車したいが、処分してしまうと相続したとみなされますか?

質問者桑原 さん 質問日2012年4月13日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年4月14日

質問1
未払い年金は,遺産であり,それを受け取って,自己の債権回収に当てる行為は,法定単純承認事由(民921①)に該当しますが,他の相続人に効力を及ぼすものではありません。
質問2
換価価値がない生活用品であり,ゴミとして処分したのであれば,問題は生じません。
質問3
相続した(単純承認した)とみなされるかどうかは,債権者から,相続人に対する,訴えが提起され,裁判所が判断することになりますが,相続債務というペナルティを負わせる程度の行為かどうかという,実質的な問題も考慮するようです。また,それ以前に,相続放棄の申述が受理されると,それだけで,通常,債権者は諦めてしまい,特に,許せないといえるような事情がある場合,訴訟までして債権回収を行うというのが実態です。

もともと,長い間行き来もない叔父のことですから,心配なら,相続放棄の手続だけをして,後は,何もせず,放っておいてもいいかと思います。家主や駐車場側からは迷惑な話ですけど・・

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年4月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは。行政書士の服部です。

 まず質問1についてですが、兄弟の代表者が叔父の債権者だからといって、他の債権者に先立って勝手に回収してはいけません。皆さんが相続放棄をした場合、相続人は不存在となり、裁判所選任の相続財産管理人の下で、相続財産の精算が行われます。債権者はその過程で申し出をし、回収しなくてはなりません。代表者の方が相続を放棄しなければ問題はないでしょう。

 次に、質問2についてですが、相続人は相続の承認や放棄をするまで、その固有財産におけるのと同一の注意をもって、相続財産を管理しなければなりません。また、相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならないとされております。どちらも同程度の注意義務と考えられております。つまり、自分の物だと思って管理しなさいとのことです。
 捨ててもいいような、つまり全く価値のないもの(ごみ)であれば、処分しても良いかとも思います。家具、家電などは、物にもよりますが、捨ててしまってはまずい物もあるのではないかと思います。

 質問3についてですが、相続財産である自動車の廃車は相続人が相続手続きと合わせて行います。相続放棄をした方は相続人ではありませんので、廃車の手続きができません。逆にいえば、自動車の廃車するためには相続しなくてはならず、自動車を相続すれが、単純承認とみなされますので相続放棄はできません。
 生活用品すべてを処分した時点で単純承認とみなされる可能性もありますので、念のため申し伝えておきます。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口