みんなの相続Q&A - 分配権利

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åˆ†é…æ¨©åˆ©

キーワード

相続 贈与・生前贈与 不動産の相続 名義変更 土地の名義変更 相続権と相続順位

相談窓口

分配権利

はじめまして、相談させてください。

母親の兄弟、おじさんが今すんでいる家のことなんですが、将来的にその家の名義を自分の娘たちに残したいと思って名義の手続きをしたいと話が出ました。

その際に、私の印鑑証明が必要と言われました。
その土地の名義はおじさんとその父親の名義半分ずつになっています。
その親も他界しました。

私(自分の母親)の娘私の印鑑証明ってどういうことなんでしょうか?
私には兄がいましたが他界しました。
母親と血がつながっているのは私のみです。
そのつながりで必要なのでしょうか?
もうひとつ、質問ですが、その際にお金の要求とかはできるものでしょうか?
よろしくお願いいたします。

質問者kurikuri さん 質問日2012年3月30日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年3月30日

お母様が亡くなっているなら,ご相談者様も権利者です。相続権を放棄して,おじさんの名義にするためには,印鑑証明書が必要です。
お金を要求したいのであれば,自分の持分に相当する不動産価値を算定して,請求し,交渉すればいいのです。それまでは,相手方が求める書類に印鑑を押してはいけません。
おじが,応じない場合は,遺産分割調停の申立てをします。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年3月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お母様も亡くなっているとの前提で回答しますが、あなたは祖父の持ち分を相続していますので、権利者となります。権利を買ってもらうということができます。持ち分は2分の一のまた2分の一で4分の一と計算されます。いい機会なので、話をしてみたらよいでしょう。

弁護士の回答

遠藤治法律事務所
専門家遠藤治法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年3月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

事実関係が正確に判明していない段階で,印鑑証明を交付することは控えたほうがよいと思います。
まずは印鑑証明を求める理由を改めて明らかにするよう求め,これが示されたときに,それに対する対応をお考えになるのがよろしいのではないでしょうか。

弁護士の回答

トラスト綜合法律事務所
専門家トラスト綜合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年3月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お母様には御祖父様の持分を相続していますし、もしお母様が他界されていればあなたにも祖父の持分を相続している可能性があります。
叔父様が家を単独名義に変更するためには相続人全員で遺産分割協議書や、相続人の相続分皆無証明書などが必要となります。印鑑証明はおそらく登記の原因書類として添付するためのものではないでしょうか。
いずれにせよ、叔父様に詳しく事情を確認されることをお勧めします。
また、一般論として、遺産分割の方法には、現物分割以外に代償分割や換価分割という方法がありますから、相続人の一人が相続財産を全て相続するような場合には、その代償としてお金の要求がある場合もあります。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年3月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 kurikuriさん、こんにちは。行政書士の服部です。

 貴方から見て、おじさんとおじいさんが共有している土地の名義変更をするに当たり、貴方の印鑑証明が必要と言われたわけですね?

 おじさんは、当該土地のおじいさんの持ち分を相続しようとしているのでしょう。
 貴方のお母さんがご存命であれば、貴方の印鑑証明は不要です(その他の事情により必要になることもあります)。その代わり、お母さんの印鑑証明が必要になります。貴方のお母さんがお亡くなりになっている場合は、貴方の印鑑証明が必要になります。
 
 大変すみませんが、ご質問内容だけでは状況が良く飲み込めませんので、詳細を聞いたら回答が変わるかもしれません。よくおじさんに確認してください。

 お金の要求についてですが、自己の相続分を主張することはできます。敵対するつもりであれば、しっかり主張してもよいでしょう。敵対したくなければ、やんわりと主張してください。
 また、遺産分割協議書等に署名捺印を依頼された場合に数万円程度のハンコ代をもらえることもあります。代金は相手次第です。
 

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口