みんなの相続Q&A - 墓地の委託販売

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å¢“地の委託販売

キーワード

登記

相談窓口

墓地の委託販売

建設業者(株式会社)です。 霊園墓地の販売をしないかと誘われています。 収益が激減しているので検討したいのですが、販売業種登記をしなければいけませんか。 販売だけで管理運営はしません。

質問者シルシル さん 質問日2012年3月24日

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年3月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 シルシルさん、こんにちは。行政書士の服部です。
 
 販売業種登記というのは、会社の登記簿の目的欄のことですね。

 商業登記法によれば、登記事項に変更が生じた場合は2週間以内に変更登記をすることとなっており、実際問題はさておき、登記しない場合は罰金が課されます。会社の目的は登記事項であり、定款記載事項でもありますので、変更する場合は、株主総会の特別決議の議決が必要です。したがって、株主総会議事録を作成し、変更登記をすることになります。
 実際に販売業務をしているにもかかわらず、定款変更決議をしない場合も、罰金が課される可能性がありますし、株主との関係で言うと、会社の目的外行為を行ったということとなり、損失が出た場合は、役員に対して損害賠償請求ということもあり得るでしょう(株主=社長一族であればこの心配はありませんが、取引銀行との関係も気になります)。

 総合的に考えると、お金はかかりますが、変更登記をしておいた方が良いと考えます。

 なお、墓地の経営は市町村、宗教法人、公益法人に限られます。名義貸しにならないように気をつけてください。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A
  • 相続登記のやり直し
    公正証書で相続不動産の登記を行ったのですが、相続人の一人が相続放棄をした  ...
  • 代償分割で支払いがない場合
    弁護士さんにお願いして、調停をする可能性があります。  ...
  • 限定承認と法人解散
    父の相続に関して、現在限定承認か相続放棄かで検討中です。  ...
  • 限定承認と養老保険名義変更
    父が亡くなり、限定承認にするか相続放棄にするか熟慮期間中です。  ...
  • 相続同意書
    遺産分割協議書作成後、協議書に記載のなかった太陽光パネルについて、相続同  ...
  • 遺産分割
    今月、父が亡くなりました。残された遺産は自宅のマンションと預貯金が800  ...
  • 部屋敷金
    相続人が亡くなった後、住んでいた高齢者住宅の戻ってきた敷金は遺産として計  ...

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口