みんなの相続Q&A - 夫と共有名義の家の相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å¤«ã¨å…±æœ‰åç¾©ã®å®¶ã®ç›¸ç¶š

キーワード

相続 遺産分割 不動産の相続 手続き 名義変更 土地の名義変更

相談窓口

夫と共有名義の家の相続

自宅を夫と共有名義にしておりましたが、夫が亡くなりました。
この家の名義を長男に替えたいのですが、どのような手続きが必要でしょうか?

※子は長男・長女の二人です。

質問者みかん さん 質問日2012年3月16日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年3月28日

夫名義の分は、相続により長男名義にすることが、税務上からも最も良いと思われます。
相続税の基礎控除(8000万円)の範囲内なら無税です。
妻名義の分を変えると贈与税がかかります。
だから、遺言で長男に相続させるとした方が良いと思います。

弁護士 山城 昌巳

専門家の回答

埼玉県相続コンサルティングセンター(相談窓口)
専門家埼玉県相続コンサルティングセンター(相談窓口)(過去掲載の専門家)
回答日2012年3月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

埼玉県相続コンサルティングセンターの毛利と申します。

簡単な流れだけ説明します。

①まずは亡くなった方の戸籍を出生まで遡り取得します。(※1)

②次に相続人との関係が分かる戸籍または住民票を取得します。

③遺産分割協議書で長男が取得する旨記載し
相続人全員が実印を押します。
(印鑑証明も必要です。)
④法務局へ登記申請を出します。
(問い合わせれば必要な書類を教えてくれます)

※1 亡くなった方の戸籍は、一番最後に所在していた戸籍から取得をしていくのが分かりやすいと思います。
戸籍を見れば、どこから転籍してきたか記載があります。転籍前の戸籍も取得しなければなりません。
最終的には司法書士さんの手を借りた方が良いと思います。

埼玉でしたらご紹できますし、ダイレクトに依頼しても良いとは思います。
http://www.souzokuconsul.com/support04/

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年3月17日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

長男が共有土地の夫持ち分を相続する旨の遺産分割協議書を作成し、長女の押印をもらい登記します。協議書作成と登記までお手伝いできます。登記費用は、土地建物の価格の0.4%です。手数料は約10万円程度です。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年3月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

みかんさん、こんにちは。行政書士の服部です。

相続による土地建物の名義変更(所有権移転登記)をすることになります。しかしながら、これだけでは奥様とご長男の共有名義となりますので、ご長男の単独所有にしたいのであれば、奥様の持分をご長男に売却または贈与する必要があります。しかしながら、売却、贈与をすると不動産取得税や贈与税(贈与の場合。なお、相続時精算課税制度あり)の対象となりますのでご注意ください。

具体的には、まず遺言書がなければ、奥様と長男、長女で遺産分割協議をすることになるでしょう。それをもとに、必要な書類を添えて不動産登記申請をします。長男に売却するのであれば売買契約書、贈与であれば贈与契約書等も用意します。

長男の単独所有にしたい場合は、状況把握を慎重にしなくてはならならい上、手続き的にも少々厄介なので、本格的に専門家に相談することをお勧めいたします。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口