みんなの相続Q&A - 孫への贈与に関して

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å­«ã¸ã®è´ˆä¸Žã«é–¢ã—て

キーワード

贈与・生前贈与 贈与税

相談窓口

孫への贈与に関して

孫への生前贈与に関して質問させてください。69歳の男性です。このたび、孫の1歳の誕生日に100万円を贈与しました。ふと、非課税となるのか不安になり、数名の税理士さんに相談したところ、専門家同士で意見がわれ、どうしたらよいか途方に暮れています。
①孫名義の普通口座で預金。出し入れは絶対してはならない、
②おむつやおもちゃ代などの生計資本として使ってしまったほうがいい、
③孫名義の定期預金にするべし、
④贈与契約書さえつくればどう使おうが問題ない
・・・なにか良いお知恵があれば、拝借いたしたく、どうぞよろしくお願いいたします。

質問者老体おじいさん さん 質問日2012年2月19日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年2月20日

一人の人が1/1から12/31までの1年間にもらった財産の合計額から110万円が基礎控除として認められますから,孫に贈与したととうことであれば,その金額を前提とすると非課税であることには争いがないと思います。
ただ,100万円を孫名義で預金したものの,通帳を祖父が管理しているとなると,贈与したのか疑わしくなり,相続の際に,祖父の遺産として扱われてしまう可能性もあります。
また,贈与する以上,法定代理人である親権者に100万円を渡し,以後,親がその100万円を管理することになります。その際,親への贈与と孫への贈与を区別する必要があるなら,孫名義で預金口座を作り,さらに,贈与契約書を作成するなりすればいいかと思います。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年2月21日

贈与税は1年110万円までは免税ですから、色々考えることはないのでは…。
上記①~④は、意味ないアドバイスではないかと思われます。
あなたが税理士に質問したときは、何か他のことが当該贈与に関連していたのではないですか?

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口