みんなの相続Q&A - 事実上植物状態の父

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > äº‹å®Ÿä¸Šæ¤ç‰©çŠ¶æ…‹ã®çˆ¶

キーワード

相続 贈与税 銀行預金 贈与・生前贈与

相談窓口

事実上植物状態の父

先日入院した父が事実上植物状態と判断され

延命するか悩んでいます。

延命しない場合、死期の相続となると手続きがかなり込み入っているようなので

できれば現段階で、父名義の銀行預金を母の口座に移したいのですが、それは可能なのでしょうか。


可能な場合、贈与税が発生するのでしょうか。


すこしまとまった金額があるようです。

ちなみに、父の会社の関係の預金は、会社の方に頼めば母の口座にうつすことはできそうですが
やはり贈与税が発生しますか?

質問者こっぺぱん さん 質問日2012年1月15日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2012年1月16日

植物状態の父から贈与はできませんから,贈与したことにもならず,父が亡くなった時,父の遺産として,相続税を検討すればいいかと思います。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2012年1月17日

贈与すれば、贈与税がかかります。
また、会社のお金と父のお金は別人のものです。
さらに、父の承諾なく預金を引き出すことは違法です。
その預金を使う必要(例えば療養費)あるときは、成年後見人を選任して、後見人から降ろしてもらうようにすべきです。
相続の手続は、別に込み入っていません。
父が死亡したとき、その預金は同時に相続人のものとなり、各相続人は分割協議どおり相続分または法定相続分の額を、直接銀行に引き降ろし請求が出来ます。(相続人であることの証明が必要)

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

広尾総合法律事務所
専門家広尾総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2012年1月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

植物状態である以上,現段階で勝手に預金を移転することはできません。

お父様の預金はあくまでもお父様ご自身の意思に基づいて移動させなければならず,現在植物状態にあるお父様は意思表示が出来ない以上,預金を移動できません。

移動する手段として成年後見人をつける場合もありますが,この場合でも後見人は医療費を支払うなど,あくまでのお父様のためにお金を使うのであって,財産を分けるために移動することはしません。

財産については,相続手続きで分ける方がよいと思います。手続きもそれほど面倒ではありませんよ。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

死期に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口