みんなの相続Q&A - 孫名義の預貯金

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å­«åç¾©ã®é è²¯é‡‘

キーワード

相続 贈与・生前贈与 贈与税 相続財産

相談窓口

孫名義の預貯金

先日祖母が亡くなりました。
祖母には子供が3人おり、この3人で遺産相続することになるのですが、預貯金等の遺産を確認した処、現段階では法定相続人ではない孫名義の通帳が一冊ありました。名義は孫になっていますが実際には祖母の預金なのです。
このような場合、この孫名義の預金は祖母の遺産総額からは除外されて、名義人である孫が受け取る権利が優先されるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

質問者なつ さん 質問日2008年7月3日

税理士の回答

大島庸生税理士事務所
専門家大島庸生税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年7月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

財産の帰属についての質問と理解いたします。

いつどのような形で今回問題の預金が作られたか背景が不明ですが、過去、贈与という形で、亡くなられたお婆様(被相続人)がお孫さんのために預金通帳を作られたのであれば、贈与税の申告・納付が行われていなければなりません。(110万円の基礎控除の範囲であれば話は別ですが)

ご相談の預金については、亡くなられたお婆様(被相続人)により拠出(預入)されたことが明らかで、単に名義上のお孫さんの預金口座であり、実質、所有者はお婆様で、その状況(つまり、預金通帳並びに銀行届出印鑑などが、お婆様により管理・保管されていた状況)が明らかな場合には、相続財産として取り扱うべきと解します。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年7月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お孫さん名義は、過去に贈与され贈与の手続きが済んでおれば、既にお孫さんの財産になっていますので、祖母の相続財産ではなくなります。
 もし贈与でなければ、お孫さん名義の祖母の財産になりますので家族名義の預貯金として相続財産に含めることになります。
 そうしますと遺産分割協議の対象となり、遺産分割協議の結果、相続する人が決まればその人の相続財産として名義を変えることになります。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

名義人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口