みんなの相続Q&A - 祖母の嫁が勝手に祖母の了承なしに子になる養子縁組したようです

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç¥–母の嫁が勝手に祖母の了承なしに子になる養子縁組したようです

キーワード

相続 不動産の相続 養子縁組 手続き 争続・トラブル

相談窓口

祖母の嫁が勝手に祖母の了承なしに子になる養子縁組したようです

まずは祖母(100歳)の実情から。
祖母には実子が4人(みな存命)います。長兄は祖父の亡くなったときに、「祖母の面倒は見てやるから他の兄弟は今回の相続権を放棄しろ」と、一方的で話し合いもなされませんでした。
祖母の環境が悪くなるといけないのでに皆不満を抱えたまま書類に捺印。祖母に家屋敷が相続され、長兄は金になる土地を相続。
しかし、長兄夫婦は祖母の年金が振り込まれる通帳を一切祖母に見せず、祖母はまだ手は十分動けるからと農作業を一人前にさせられ、「老人は動かないから飯なんか一口で十分だ」と満足にご飯は食べさせてもらえず、扇風機や暖房をつけていたら電気がもったいないと怒鳴られ、日の当たらない部屋で怯えて暮らしている、いわゆる老人虐待の状況です。祖母は母(祖母の娘)や私に涙目になりながら訴えています。
母は、近くに住んでいるので都合がつけば週1で会いに行き、食べ物を買っていくと「おいしい、おいしい」と泣きながらむさぼるように食べます。ちなみに私や母が行くと「よう来てくれた、○○(名前)」と人物把握もできていますし、きちんと会話もでき、時事ネタも話ができるので認知症ではありません。

ある時、祖母が「嫁が勝手に祖母の子になる養子の手続きをしたらしい」と言っておりました。もちろん祖母は「あんな酷いことする嫁を死んでも養子にしたくない!」と。なぜそういうことが分かったかと言うと、嫁が「私はもう法律上はおばあさんの子だから遺産は貰うよ」と言ったそうです。

狙いは、遺産相続だということが明白です。

法律上、実子がある場合は養子を1人だけとることができると書いてあったのですが、双方の合意がなければ養子にはできないのでは?
もし、書類が勝手に作成されて勝手に捺印されているとするならば、養子縁組の解除の申し立てはできるのでしょうか?
もしかしたら祖母は騙されて何の書類かもわからぬままサインと捺印した可能性もあります。

祖母は体が弱ってきており、外出が困難になりつつあります。常に監視されており、たまに「外に出たいな」というので連れ出そうとすると長兄夫婦が烈火のごとく怒ってきます。
つまり、申し立てしたくてもできない状況です。どうしたらいいかよくわかりません。裁判で争えばいいのでしょうか?

長い文章でしたが、ご助言のほどよろしくお願いいたします。

質問者祖母の嘆き さん 質問日2011年12月3日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2011年12月4日

実子がある場合,養子の数を一人だけとることができるというようなことが書かれた法律はありません。
養子縁組は養親・養子の合意に基づき届け出を出すことにより成立します。
養子縁組届けの用紙は,市区町村備え付けの所定のものを使いますが,何の書類かわからないような書類ではありません。
養親縁組届けが,どうなっているかは,本人が写しを,市区町村(一定期間後は法務局)に取り寄せて調べることができます。
養子縁組無効を裁判で争うのは,本人です。本人ができないなら,本人が亡くなった後,相続人が,争うことも可能です。

相続云々より,本当に虐待にあっているなら,そちらの方が問題ではないでしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年12月6日

「祖母の嫁」ではなく「長兄の嫁」でしょう?
いずれにせよ、祖母の了解なく養子縁組は出来ません。
祖母の戸籍謄本を取って、本当に養子縁組されていれば、養子縁組無効の裁判を起こすべきです。
早くしないと、祖母が亡くなると、無効の証拠(祖母に養子の意思がなく、書類に押印したことがない、との証言)が無くなります。
祖母は外出できても、訴訟をやることは無理なので、弁護士に委任すべきです。
また、長兄は祖母の相続人ですが、被相続人(祖母)に対して虐待し、または重大な侮辱を加えたときは、祖母は長兄につき相続人排除の申立を家庭裁判所にすることが出来ます。(§892)また、遺言でも排除できます。(§893)
まだ、祖母は意思能力があるということですから、遺言を書くか(自筆証書)、それが難しければ、公証役場に行き、自分を証明するものを提示し、口頭で遺言の内容を言って、公正証書の遺言書を作成すべきです。
外出できないなら、「遺言書の書き方」の本を買ってきて、「自筆証書」による遺言書を書くことは、そんなに難しくありません。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口