みんなの相続Q&A - 土地(家屋付)の生前贈与もしくは相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åœŸåœ°(家屋付)の生前贈与もしくは相続

キーワード

相続 相続税対策 贈与・生前贈与 相続税 相続の対策と準備 遺産相続の割合 贈与税 相続財産

相談窓口

土地(家屋付)の生前贈与もしくは相続

はじめまして。
現在70になる母が病弱のため
姉の家(夫子あり)で暮らしています。
当方は家族(妻子あり)で住んでいます
病気になる前は一人で都心(23区内)に暮らしていました
(父は数年前に他界・家屋名義人は母)
相続財産についてはこの家と多少の預貯金(数百万)、
亡くなった際の死亡保険程度だと思います
母は現在の家(都心)にもう戻る気はないので
このまま放って置くなら
私たち姉弟に同等に渡したいと言っていますが
生存贈与したほうが良いのか
どのように分割していいものか、
また税金等まったくわかりません
私たち姉弟は仲が良く遺産紛争等
起こるようなことはないと思います
既出の回答で一般論では相続したほうが
安くなる傾向にあると読んだのですが
このような場合、亡くなってから相続したほうが
税金等少なく済むものなのでしょうか
また譲り受ける土地を姉弟の共有名義で
持つ事は可能なのでしょうか
姉と相談した時には可能なら
その土地にアパートを建設し、貸し出せたらいいね
というような話をしました
このようなことも可能なのでしょうか
よろしくお願いします

質問者ひで さん 質問日2011年11月24日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2011年11月24日

贈与税がかからない範囲内で,生前贈与をして,相続財産を減らすという方法もありますが,どの程度節税になるかは,質問内容からは判明しません。税理士に,直接,相談してみて下さい。
各相続人が同意すれば,相続後,土地を共有名義にして,アパートを建築して,貸し出すことは可能です。
ただ,姉弟の仲としても,土地の運用については,将来を見越して,一定の取り決めをしておいた方がいいのではないでしょうか。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預貯金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口