みんなの相続Q&A - 相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 相続放棄 負債・借金 破産 手続き 行方不明・失踪宣告 不動産の売却

相談窓口

相続について

両親の離婚で疎遠となっていた父が先日、亡くなりました。
金銭的なことは全部、伯父がやってくれており、父が残したものは家と土地くらいですが、現在、分かってる借金と同額程度かと思われます。
すでに、数か所のローン等の債務を伯父が返済し、私の名前を使っているので、私は相続したとみなされる可能性が高いかとは思いますが、把握していない多額の借金が出ても放棄は出来ないのでしょうか?
もし、多額の借金が発覚し放棄できない場合は、自己破産しか方法はないのでしょうか?自己破産後、更に借金が出てきた場合はどうなるのでしょうか?
相続人は子3人になりますが、1人は放棄の手続きを取っており、1人は住所と携帯電話は把握してますが、連絡がとれない状態です。(書留も受け取らず、携帯の電源も切ったまま)
借金返済のために、家と土地を処分したくても、連絡が取れない状態では出来ないものでしょうか。
質問が多くて申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

質問者ひーちゃん さん 質問日2011年11月9日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2011年11月9日

1 相続放棄について
 ローンの返済は,法定単純承認事由でないが(民921参照),単純承認の意思表示をしたと言える場合もあります。伯父が勝手に名義を使ったのであれば,単純承認をしたとは言えません。
 単純承認があったと言える場合,放棄の期間内であっても撤回はできませんが,取り消しうる場合もあるかと思います(民919-2参照)。
 相続放棄の熟慮期間の起算点は,事情によっては,借金が判明したときとすることも可能です。
2 自己破産について
 相続債務について支払を免れる方法としては,破産等の法的債務整理手続が考えられます。破産手続時に,知らなかった債務についても,免責の効果が及びますので,問題ありません。
3 家・土地の処分について
 分割調停の申立てをして,相手を呼び出すか,実は,住所地に住んでいなかったということであれば,不在者の財産管理人を選任して,家・土地を処分することは可能です。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年11月11日

放棄は3ヶ月以内、但し、債務と資産との関係を調べる為家庭裁判所にその期間の延長の申立をすることが出来ます。
しかし、伯父さんがあなたの名前で相続財産から一部の債権者に弁済しているとすれば、当該一部の資産を相続したことになり、放棄は出来ません。
あなたの名前を使っていることは問題なので、直ちにそういうことを止めさせるべきです。
御心配のとおり、多額の借金が出てくるかも知れないので、前述した期間の延長をして貰い、専門家に債務の調査をして貰うべきです。
破産、免責を得れば、債務は免除されます。
その後で出てきた債務を支払う義務はありません。
不動産は、相続人全員の合意がなければ処分できません。
但し、放棄した人の同意は不要です。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

伯父に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口