みんなの相続Q&A - 遺留分算定基礎財産の評価について。

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç•™åˆ†ç®—定基礎財産の評価について。

キーワード

相続 遺留分 不動産の相続 固定資産税 特別受益 不動産鑑定評価

相談窓口

遺留分算定基礎財産の評価について。

 タイトルどおりです。遺留分算定基礎財産を評価する場合、不動産だと固定資産税評価不動産鑑定士額と時価の差額がある場合、どちらを基準にするのが通例ですか?

 税理士に特別受益分の計算してもらいましたが、2パターンの金額が出されどちらを採用しますかと聞かれ返答に困っています。

 私としては価格の低い時価を採用したいのですが、相手側(遺留分を侵害してる側)は高い評価額を採用したいと言ってきているらしいので、一般的にはどうなのでしょう?

質問者ゆうかり さん 質問日2011年10月25日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2011年10月25日

一般には時価ではないでしょうか。
もちろん,時価が何かということは問題にはなります。
話し合いがつかず,最終的に裁判ということになると,当然,証拠によって,裁判所が判断することになります。
その際,不動産鑑定士が,これが時価であるとして鑑定した結果があれば,それが重視されるます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年10月28日

相続財産の評価は、相続開始時の時価です。
高い評価額だと、遺留分を侵害している側は、遺留分を代償金で払う場合、それに応じた額となるのでその分損となるのに、おかしいですね。
一般的には、前述したとおり時価です。
特別受益の計算で2パターンの金額が出されるとは、どういう場合か分からないので、コメントできません。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

時価に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口