みんなの相続Q&A - 遺留分減殺請求ができない

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç•™åˆ†æ¸›æ®ºè«‹æ±‚ができない

キーワード

相続 遺留分 遺言と遺言書 特別受益 不当利得・横領 公正証書遺言 遺留分減殺請求 銀行預金

相談窓口

遺留分減殺請求ができない

未婚で子供もいない兄が亡くなりました。公正証書遺言があり、全財産を兄弟4人で4分の1づつ相続させるという内容でした。

ところが兄弟の1人が兄がホームに入った頃から兄の預金をせっせと自分の口座に移していて銀行で口座を開示して頂いたら亡くなった日に残高ゼロになっていました。

遺留分減殺請求をしようと考えておりましたが、兄弟にはそもそも遺留分が無いので私は減殺請求もできないですよね。
そこで特別受益を主張しようと考えましたが、特別受益はもらったものを戻すという効力は無いのですよね。

故人の預金残高がゼロでは特別受益の考えも意味がないということでしょうか?

せっかく兄が遺言を用意して遺産を残してくれたのに無念です。
兄弟が横領したということで刑事告訴するしか方法はないのでしょうか?

質問者hiro さん 質問日2011年10月22日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2011年10月23日

兄弟に遺留分はありません。
特別受益は,残った遺産をどう遺産分割するかの問題ですから,この事案では関係ないことになります。
亡くなった兄に,無断で預金を下ろして領得したということであれば,不法行為,又は不当利得を理由に,法定相続分を請求できる可能性はあります。
刑事告訴は,親族間のことなので,考えるだけ無駄と思います。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年10月27日

遺留分とか特別受益の問題ではなく、民事上では不当利得返還請求、刑事上では横領の問題です。
ただ、その兄弟が兄の預金を移せたということは、通帳と印鑑を持っていたということですが、兄から預かっていたのか、盗んだのか、預かっていたとすると何のためかということで、多少法律関係は変動しますが、全預金を自分の口座へ移した行為は不法行為です。兄は1/4ずつとの遺言書を残していたのですから。
また、この問題は遺産分割の問題ではなく、調停、審判の対象とはなりません。地方裁判所における裁判となります。
口頭で戻すように言っても応じないでしょうから、不当利得返還請求訴訟を起こすべきかと思われます。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

未婚に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口