みんなの相続Q&A - 離れて暮らしている実父の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é›¢ã‚Œã¦æš®ã‚‰ã—ている実父の相続について

キーワード

相続 不動産の相続 相続放棄 負債・借金 相続財産 財産目録 相続権と相続順位 葬儀費用 遺産相続の割合 限定承認

相談窓口

離れて暮らしている実父の相続について

お忙しいところ恐れ入ります。
今から1か月半ほど前、父が他界しました。亡くなったことは私たちには知らされず、新聞の死亡欄で知り、何も言われないので葬儀にも参加できませんでした。
両親は25年前に離婚し、私と妹は母方に引き取られ生活をしておりました。

本日、金融機関より父の負債があり、法定相続人となった私たちに今後のことについての連絡がありました。後日内容証明を郵送するということでしたが、よく考えると放棄や限定相続等の手続きは3か月以内ということなので、急いで手続きを行わなくてないけないことに気が付きました。
しかし、何分初めてのことでありますので何から調べたらいいのか全く分かりません。
ネットなどでいろいろ調べてみましたが、3か月経過すると法定相続人が相続したものとみなされるというような文章の記述があり、いろいろと不安になってきました。

①正の遺産と負の遺産を確認する必要がありますが、どのような手順が必要でしょうか?また、時間はどのくらいかかるものなのでしょうか?
ちなみに今わかっている財産は、建物、土地、キャンピングカー、田畑。
負の財産として、土地建物購入時のローン1000万(生命保険を担保とする契約のようで、あと5年ほどローンが残っているそうです)、車購入時の金融機関からの借り入れ(保証人がクレジット会社になっているそうです。後日内容証明を送るとの連絡がありました)、おそらく入院治療費の一部。
保険 受取人が妹名義のもの一通、(私名義のもの一通あったのですが、すでにその契約はないといわれましたのでおそらく生前に特約などで支払いを受けたものと思われます)

両親の離婚の原因は、父の借金も一因があったようですので、このほかにも負の資産があるものと想像されます。

②この手続きの最中に3か月経過してしまった場合は相続したものとみなされて、もし負の遺産のほうが多かった場合には支払いの義務が発生してしまうのでしょうか?私たちはまず、父にどのような財産があるかを確認してから選択しようと決めています。

③葬儀は叔母が喪主になり父を送ってくださったのですが、法定相続人としてその費用、また入院治療費を請求された場合は支払いの義務はありますか?

叔母は父の死後、財産などいろいろ調べたようですが、法定相続人が私たちであるため何もできない、というようなことを言っていたそうです。私たちは一緒にいた時間の2倍以上も離れている時間のほうが多かったため、あまり揉め事にしたくはありません。ただ、叔母や叔父にはすでに別の家庭があり、父の墓がないのでできれば残してくれたお金で永代供養などをお願いできればいいなとは思っています。

お忙しいところ恐れ入りますがアドバイスなどいただけるとありがたいです。
宜しくお願い致します。

質問者szk さん 質問日2011年10月7日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年10月13日

①負債と資産のどちらが多いか調べるため、家庭裁判所に申立て、一定期間の猶予を得ることが出来ます。(民§915、1項)
相続財産(負債・資産)を調査することは難しく、一概にその方法を云々することは出来ません。

②限定承認という方法もあります。
資産の範囲内で負債を払い、負債が多くても、それ以上の責任は負わないという相続の承認です。
但し、この方法は相続人全員が賛同しなければなりません。(民§922、923)

③葬儀費用は、喪主(相続人)が負担すべきもの、治療費は相続債務です。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口