みんなの相続Q&A - 3年経過の相続を放棄できますか

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ï¼“年経過の相続を放棄できますか

キーワード

相続 遺言と遺言書 相続放棄 遺贈 贈与・生前贈与 葬儀費用

相談窓口

3年経過の相続を放棄できますか

母は遠路(車で5時間かけて)はるばる毎月2~3日間(それ以上のときも)滞在して病床の実の姉を8年間看てきました。姉には息子が1人おりますが、仕事がいそがしく、ほとんど見舞うこともせず、最後は母を保護者として母にまかせっきりにしました。その親子関係は非常にわるかったようで姉は母にすべてを妹に残したいという正式な遺言書をのこしました。母の献身ぶりと姉がそうまでして息子に遺したくないということをしっている人からも母は説得され、遺言にのっとり相続をしました。ただ、母は毛頭いただくつもりはなく、息子がちゃんと姉の位牌、その他をきちんと管理してくれれば3回忌がおわったら、すべて
渡すといってありました。そうすることが姉の供養になるとも単純に考えたからです。結果、おもうほど息子の態度がかわったわけではありませんが、はたでみている私のほうが、姉をおもいがんばった母の想いだけで十分、それ以上トラブルのもとになるものを背負うことはないと母にいい、母も早く肩の荷をおろしたいと。最初から放棄していればよかったのですが、わからずにここまできてしまいました。どうすれば今から全てを放棄できますでしょうか。長文すみません。

質問者ゆき さん 質問日2011年9月2日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年9月9日

母は、亡くなった姉の相続人ではなく、遺言によって贈与を受けた人です。
相続ではないので相続放棄は出来ません。
贈与されたものが肩の荷になってトラブっているとのことですが、その物がなんなのか、トラブルの内容・原因等が分からないので回答のしようがありません。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2011年9月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺言により相続が終了しているときは、その相続関係は完結していますので、今になって相続放棄ははできません。
 これから支払うのであれば贈与ということになりますので、金額が大きいときは年数をかけて贈与するとかの贈与税を減らす方法を考えることが必要でしょう。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

位牌に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口