みんなの相続Q&A - 相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 不動産の相続 弁護士費用 任意整理 銀行預金

相談窓口

相続について

主人の伯母の旦那様が先日亡くなりました。
伯母との間にはお子さんはなく、前妻との間に何十年も音信普通の息子さんがいらっしゃるそうです。相続するものは、旦那様名義の分譲マンション(現在伯母が在住)と自動車と預金少しだそうです。

何とか先方に連絡をつけて、遺産相続をしなくてはいけないかと伯母は思っています。
その際、弁護士事務所か司法書士事務所かどちらをたずねてご相談すればいいのかさえわかりません。基本的なことで大変申し訳ありませんが、ご指導ください。内容的・料金的になにか違いはあるのでしょうか?

質問者サドラー さん 質問日2011年8月30日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年9月2日

それは、弁護士事務所です。
司法書士は、登記関係と、民事の交渉(訴訟)では、140万円までの事案しか弁護士と同様のことが出来ません。
また、遺産分割が調停になった場合、あなたの代理人として手続することは出来ません。
料金的には、弁護士の方が少し高いと思いますが、交渉次第です。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2011年8月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続人が誰だかお分かりで相続争いも想定されないのであれば、財産の評価や税務手続きなどがありますので税理士事務所に相談される方がいいでしょう。
 司法書士には相続による不動産の名義変更等をお願いすることになります。
 弁護士、司法書士、税理士はそれぞれ所掌するk事務が異なり、報酬の構成ももそれぞれ異なります。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

前妻に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口