みんなの相続Q&A - 親の土地に家を建てるには

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è¦ªã®åœŸåœ°ã«å®¶ã‚’建てるには

キーワード

相続 遺言と遺言書 相続税 不動産の相続 公正証書遺言 相続時清算課税制度

相談窓口

親の土地に家を建てるには

私の母親の土地に家を建てたいと考えています。
姉と妹の2人姉妹です。しかし、遺言として、遺言公正証書姉と妹で2分の1割合で相続させる。と記載されています。今回、家を建てるにあたり、土地のすべてを相続するにはどのような手続きが必要なのてしょうか?また、姉に謝礼として金銭を渡す場合、税金がかかりますか?
姉との金銭のやり取りの際に必要な書類などはありますか?
相続時精算課税制度を使う場合は、どのような手続きが必要なのでしょうか?

質問者くまさん大好き さん 質問日2011年8月29日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年9月2日

母親、姉共に了解が得られるのであれば、家を建てるために、無理に単独名義にする必要はありませんが、あなた単独でその土地を相続するには、遺言書でその旨書いてもらっていなければなりません。
お姉さんに対しては、謝礼というより代償金を払うことによって調整するのは、相続開始してからの方が税金などかからない場合があります。
相続時精算課税制度は、生前に母から贈与を受け、その税金を相続の時に精算(支払う)というものですから、先ず、当該土地の贈与を受けることが先決です。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2011年8月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 二人で相続する遺言書の土地を1人で相続したい場合にはいくつかの方法があります。
①遺言書を書き換える。(公正証書又は自筆証書遺言)
②特定遺贈の遺言書がある場合は、とりあえず遺言書の内容を放棄して共同相続財産とし、遺産分割協議書で相続する。この場合、土地を貴女が相続する代わりにお姉さんに代金を支払う代償分割にする。この場合の金銭の支払いは相続の一環ですので、相続税以外の税金の問題は生じません。遺産分割協議書に代償分割である内容にすることです。
 相続時精算課税は65歳以上の親から20歳以上の子に対するものですが、2500万円を超える部分には20%の贈与税がかかり、さらに将来お母様の相続においては相続是財産に加算されます。必要書類は贈与税の申告書のほかに、相続時精算課税選択届出書、戸籍謄本、登記事項証明書、等が必要ですが、実際に選択されるときは税務署のパンフレットがありますのでそれに従われるといいでしょう。精算課税の贈与をしてもお姉さんとのバランスの崩れは解消できませんし、その選択がいいかどうかの判断には実態をよく見ないとわかりません。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口