みんなの相続Q&A - 遺産相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺産分割協議 相続権と相続順位 遺産相続の割合 養子縁組

相談窓口

遺産相続について

先月母が他界しました。父は7年前にすでに他界しています。父が他界した際に自宅名義を私や姉や母に変更することなく現在まで父名義にしてきましたが今回母が亡くなったので、自宅を売却して姉と分けようと思います。しかし、母とは血のつながりがなく養子縁組もしていません(再婚です)。父は実父です。母には妹と弟がいます。この妹と弟が自分たちにも自宅を売却した遺産をもらえる権利があると言ってきました。そして預貯金はすべて妹と弟が持っていってしまいました。預貯金は私と姉には権利がないと言われてしまい、自宅までとられてしまうのは納得いきません。誰がどの割合で権利があるのでしょうか?

質問者ボックス さん 質問日2008年6月27日

行政書士の回答

行政書士オフィスぽらいと
専門家行政書士オフィスぽらいと(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

はじめまして。行政書士の財間と申します。

お父様の相続人は、お母様とご相談者様とお姉様の3人でした。

お母様が亡くなられた現在も、お父様名義の財産については、ご相談者様とお姉様に相続する権利があります。

割合としては、法定相続分でいくとお父様名義の財産の半分を、ご相談者様とお姉さまが分けることになります。

残りの半分は、お母様の相続人が分けることになります。

お母様の相続人は、お子さんがいないのであれば、お母様のご両親になります。ご両親が亡くなっている場合は、お母様のご兄弟になります。

自宅については、遺言がない場合、相続人全員が署名と押印をした遺産分割協議書がないと登記手続きはできませんので、今後お母様のご兄弟と話し合いをすることになるでしょう。

そのときに預貯金についても、ご自分達の権利を主張することはできます。

話し合いができない状態の場合は、家庭裁判所の調停を利用することもできます。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

あなたと姉は今回なくなられて義母の相続人ではありませんので、義母の財産を相続することはできません。
 7年前のお父様の相続財産はどのようにされたのかわかりませんが、自宅の名義が父上のままというのは遺産分割協議がまだなのか、遺産分割協議で相続人は決まっているが名義変更だけがまだなのか、いずれでしょうか。
 前者であれば、自宅の相続について父上の相続人で遺産分割協議を行い、相続することとなった人が売却し、後者であれば、相続した人が登記をし売却することになります。
 いずれにしましてもあなたと姉上の相続財産は父上の相続による財産です。
           税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

養子縁組に関連する相続Q&A
  • 代襲相続について
    元夫が亡くなり、後妻の子2名と前妻の子1名の4名で相続は完了しましたが、  ...
  • 相続人について
    初めまして。この度父が亡くなりました。(すでに母は亡くなっています)  ...
  • 財産分与について
    母は50年程前に離婚しており後妻に入り義息子夫婦と暮らしておりました。  ...
  • 相続放棄について
    相続放棄についてお教えください。 A男とB子は夫婦です。  ...
  • 母との口約束
    両親が連れ子同士の再婚です。この度、母、父と相次いで他界致しました。母に  ...
  • 相続放棄について
    相続放棄についてお教えください。 A男とB子は夫婦です。  ...
  • 養子縁組解除
    養親が死亡。その後縁組解除を家庭裁判所に申請せず現在に至る。  ...

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口