みんなの相続Q&A - どこまでが遺産ですか?

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ã©ã“までが遺産ですか?

キーワード

相続 相続財産 銀行預金

相談窓口

どこまでが遺産ですか?

祖母の遺産とは、どこまでを遺産と言うのかおしえてください。
a)祖母名義の通帳のもののみ?
b)祖母の名義のものと祖父名義のものの合計の1/2?

あと、祖父を会社を経営していて、その会社に対し、祖父が9000万円、祖母が2400万円くらい貸していたようなのですが、会社自体がマイナスなので、かえってきません。とすると、マイナスはすべて祖父のものとするべきですか?祖母のマイナスは祖母のマイナスのままで大丈夫ですか?

質問者Haru さん 質問日2011年6月17日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年6月24日

祖父、祖母は亡くなったのか、亡くなったとすればどちらが先に亡くなったのかによって、祖父母の相続財産は異なってきます。
また、存命中であれば、遺産は発生しておらず、将来発生してもそのときは財産は変動しています。
貸金も遺産となり、取立不能か可能かは遺産の範囲と関係ありません。
マイナスを全て祖父にするとか、そういう勝手なことは出来ません。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2011年6月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続は亡くなる順序によって大きく変わります。
(a)祖母の名義でも実質祖父の相続財産というものもあり得ますので名義だけで単純にはお答えできない部分があります。
 祖父が先に亡くなり財産の半分を祖母が相続すれば(b)ということになります。
 会社に対する貸付金は、会社が通常通り活動しているときは貸付金として相続財産となり、マイナスとはなりません。
 会社の株式を評価して相続財産に加算しますが、資産状況が悪いときはゼロ評価になるかもしれますせん。会社の株式の評価は複雑な面もありますのでこの項では回答はできません。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

通帳に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口