みんなの相続Q&A - 遺留分減殺請求

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç•™åˆ†æ¸›æ®ºè«‹æ±‚

キーワード

相続 遺留分 遺言と遺言書 時効 争続・トラブル 成年後見人・任意後見人 遺産相続の割合

相談窓口

遺留分減殺請求

2006年11月に祖母が他界しました。相続人は長女と次女の2人で次女が自分の母親です。
母は重度のアルツハイマーで昨年自分が後見人となりました。
祖母は遺言状を残していて、どうやら姉一人に全てを譲るというものらしいのです。しかし、遺言状の公開はされていません。
一周忌の時、相続人の姉夫婦と自分とで遺産分割について話し合ったところ、姉は祖母に金銭の援助をしていた事を理由に土地と家を売却した金額の内、2000万円を当然の権利とし、残った分を折半しようと言ってきました。自分は立地条件などからしても最低3000万円以上になるだろうと思い、一筆書いてしまいました。
しかし、不況である現在思ったように家が売れず、このままでは母の取り分が少なくなってしまうと思い、家も最低500万円の保証が欲しい旨伝えたところ、何もしていないのに500万円も貰う資格はないと罵られました。
金銭の援助はしていなくても、母は祖母の家に掃除に行ったり、そばにいて面倒をみていました。姉は県外に嫁いだ為、面倒を見れない代わりに金銭を送っていただけです。
また、祖母の財産は土地家屋のみでなく、貯金もあったのですが、勝手に姉が持って行ったようです。(推定2000万円)このあまりの仕打ちに、円満解決する気も無くなりました。
今からでも、遺留分の減殺請求を行う事は出来ないのでしょうか。

質問者みーやん さん 質問日2008年6月27日

弁護士の回答

塩澤法律事務所
専門家塩澤法律事務所
回答日2008年6月27日

遺言書があるか否かがまず、第一のポイントです。
姉に全部譲るとの遺言書があるのであれば、権利としては遺留分減殺請求しかなく、それは基本的に亡くなってから1年で消滅時効にかかってしまうため、本件では遺留分減殺請求はしづらいと思います。
もし、遺言書がなければ、相続分は2分の1ずつなので、長女が援助をしていたとしても、請求できる可能性は高いです。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月27日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

まず、遺言書があったのか確認してください。
 遺言書の確認しないでは遺留分のことに話が進みません。
 遺言書を隠した場合には相続人の資格を失うこともありますので、遺言書を見せて貰ってください。
 その上で遺産分けがスムースにいかないときは(分割協議が成立しないときは)家庭裁判所に調停の申請をすることになるでしょう。
             税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

一周忌に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口