みんなの相続Q&A - 兄が死んで保険金の受取人

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > 相続Q&A プロの回答 > 兄が死んで保険金の受取人

キーワード

相続 生命保険金・各種保険等 相続財産

相談窓口

兄が死んで保険金の受取人

長男が亡くなり生命保険の受取人が兄弟の三男になってます。次男、長女もいます。四人兄弟です。父、母は他界しています。亡くなった長男には別れた妻、子供一人います。父母の遺産を平等に相続しましたが三男と長女の分を使いこんでしまい、怒った私たちに対して返済方法と考え保険に入りました。それで受取人を三男にしました。長女である私が取り分を請求したところ、払わないと言います。法的には私はもらえない立場なのでしょうか、知恵がないので困っています。教えて下さい。

質問者岩ちゃん さん 質問日2011年5月7日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2011年5月9日

1 三男に対する請求
長女,三男とも,長男に対する債権者ということに
なりますが,三男を受取人とする保険金は,相続財
産ではありませんから,そこから,当然に,請求で
きる訳ではありません。
長女・三男間で,長男の保険金を三男が受け取った
場合に,保険金の一定額を,三男から長女へ支払う
旨の合意があれば,その合意は有効であって,法的
に請求することは可能です。

2 長男の相続人に対する請求
長男の長女に対する債務は,その子が相続するから,
消滅時効になっていたり,相続放棄をしていなけれ
ば,法的には,その相続人に対し請求可能です。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年5月11日

受取人が指定されている生命保険は、相続財産ではなく、受取人のものとなります。
したがって、三男が払わないということは、法的には言えます。
長男が、三男とあなたに支払うべき債務がはっきりしていれば、相続人に対し、その支払いを請求することが出来ます。
この場合、相続人は、長男の子です。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2011年5月9日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

死亡保険金は保険契約で受取人に指定さえた人が受け取りますので、それ以外の人に支払ったときは、保険金受取人からの贈与となります。
 従って相続であなたが保険金を受け取ることはできません。
 文面からは、保険の掛け金を支払た人がだれかわかりませんが、あなたも保険料を支払っていたとすれば、受取人はあなたからの贈与になります。このような場合には、保険契約を別別にして受取人を変えるか、または共同受取人にしておくべきでした。
 一つの方法としては110万円以下の金額を三男からもらっても贈与税はかかりませんからその交渉の可能性はあります。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

三男に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口