みんなの相続Q&A - 相続後の確定申告と不動産登記について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šå¾Œã®ç¢ºå®šç”³å‘Šã¨ä¸å‹•ç”£ç™»è¨˜ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺言と遺言書 生命保険金・各種保険等 公正証書遺言 確定申告 名義変更

相談窓口

相続後の確定申告と不動産登記について

母が亡くなり、公正証書遺言により、実家(土地建物で約1200万円)と死亡保険金300万円(葬儀費用でほとんど消えた)を私(姉)がもらい、預金約600万円を妹がもらうことになりました。この場合、確定申告は必要ですか。また、万が一妹が不服を申し立てたとしても、公正証書があるので、不動産の名義変更は可能だと思いますが、どのような手続きをすればよいのでしょうか。

質問者ちるちるみちる さん 質問日2011年5月1日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年5月10日

被相続人の預金を無断で引き出し、これを領得することは、法的には横領罪となります。
民事的には、相続人を代表してその返還を求めることが出来ます。
話し合いで解決できないときは、訴訟を起こすことも出来ます。
普通は、遺産分割調停で、その問題が議論されることになります。
というのは、その件で話し合いがつかない場合は、遺産分割の話し合いがつかないので、調停になるからです。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2011年5月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続で取得した財産には所得税はかかりませんので、所得税の確定申告は不要です。
 また、相続税の基礎控除額は「5000万円+1000万円×法定相続人の数」ですから 相続税の申告も必要ありません。
 注意点は、保険の受取人は保険の契約であなたになっているかどうか確認してください。受取人の人以外が受け取ると受取人からの贈与になる可能性があります。(遺言は単独行為ですから保険契約の変更はできないという説があります)
 不動産の相続登記には被相続人の出生から死亡までの一連の戸籍謄本や相続人の戸籍謄本、印鑑証明書、不動産の登記事項証明書、遺言書、不動産の評価額の0.4%相当の登録免許税、などが必要ですが、法務局(登記所)で説明書をもらうといいでしょう。法務局のホームページでも手続き方法等が詳細にのっていますのでご覧になることができます。自分でもできますが、通常は司法書士に依頼する方が多いようです。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

不服に関連する相続Q&A
  • 公正証書遺言
    半年ほど前に母が亡くなり、母の遺産相続について問題が起こりましたので相談  ...
  • 先妻との子と遺言書
    こんにちは。  ...
  • 遺産分割協議処理後の請求
    以前、代襲相続の件でアドバイス頂いたものです。  ...
  • 土地の相続
    私の友達に起こった出来事です。 先日友達の祖父が亡くなりました。  ...
  • 土地の相続
    私の友達に起こった出来事です。 先日友達の祖父が亡くなりました。  ...
  • 遺留分
    友人の相続について困っております。どうかご教授ください。  ...
  • 遺言書の開示について
    父が亡くなり公正証書遺言書が公証役場にあります。内容に関して姉が不服申し  ...

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口