みんなの相続Q&A - 株式を相続する場合の分割計算方法

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ ªå¼ã‚’相続する場合の分割計算方法

キーワード

相続 負債・借金 特別受益 寄与分 株式の相続 財産評価 遺産分割

相談窓口

株式を相続する場合の分割計算方法

昨年、独身だった伯母が亡くなり、私は7人いる相続人のうちの1人です。遺産の大半は株式です。相続発生時(伯母が亡くなった時点)での税法上の株式評価額では相続税を納める必要はありませんでした。

その後、各相続人から特別受益や寄与分の申し立て、また借金がある人がいることがわかり、現在調停で分割協議を進めていますが、実際に株式を分割するときの計算はどのようにするのでしょうか?

私は分割時の株式時価によって分けるものと思っていたのですが、以前区の無料相談で弁護士さんに「株式を相続する場合は、株式評価額で分割したときの個々の相続人の割合を、実際の分割時の株式時価に当てはめて計算するものと決まっています」と言われました。
そのときは時間制限のためそれ以上詳しく聞くことができませんでした。
その後ネットで調べてもそのような記述を見つけられず、再度、区の無料相談で他の弁護士さんに聞いたところ、その方は「分割協議時の時価で分けるものです」と言っておられました。

最初に聞いた弁護士さんが「株式は…決まっています」とおっしゃったので、法律で決まっていることかと思いましたが正確にはどうなのでしょうか?

最初の弁護士さんの言うとおり、税法上の株式評価額で分割した場合の割合を、実際の分割時の株式時価に当てはめるのだとしたら、株式が値上がりした場合、株式評価額で分割した段階で相続分の多い人はより多く、被相続人から相続分以上に借金をしていた人はより多く返済することになります。
例えば「民法の何条何項で定められている」など、具体的にご教授いただけると大変助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

質問者みや子 さん 質問日2011年4月18日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2011年4月19日

最初の弁護士は,個々の相続人の相続割合(具体
的相続分)の算定は,相続時の評価をもとに行い,
それを,分割時の評価に基づく遺産総額に乗じて,
各人の取得額を算出する,という,二段階分割方
法の説明をしたものと思います。

分割の段階では,相続人間の公平をはかるために,
分割時の評価で分けるべきである,ただし,具体
的相続分の算定は,民法903条や904条の2の文言
から,相続開始時とするのが相当である,という
のが通説的な法律の解釈であって,実務上も,こ
のやり方で運用されています。

ただ,株式が値上がりすると,借金をしていた人が,
より多く返済することになるというのは,分かりま
せん。借金の額は変わらないはずです。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年4月26日

相続は、相続開始時(被相続人の死亡時)に為されます。
遺産分割は、相続されたものをどのように分けるかということであって、分割協議が成立しないと相続が未了ということではないのです。
したがって、遺産の評価は、相続開始時、つまり相続されたときを基準に評価されます。分割時ではありません。
ただ、分割の仕方によって、分割時の評価に従うことを全相続人が同意すればそのようになるので、評価の時を分割時とするような誤解が生じるのでしょう。
これは、法律の条文で定められたものではなく、「相続」とは法的にそういうものと考えられていることによるものです。
法条では、民法904条の2で寄与分を計算する際の遺産の価格の基準時として、「寄与分は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額から遺贈の価額を控除した残額を超えることができない。」と規定されています。
これは、ひとつの法的根拠となるでしょう。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

伯母に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口