みんなの相続Q&A - 相続放棄後、それまでの費用他について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„後、それまでの費用他について

キーワード

相続 相続放棄 負債・借金 生命保険金・各種保険等

相談窓口

相続放棄後、それまでの費用他について

平成22年12月に父が死去。
実家の住宅ローンは団信生命保険に加入していた為、無くなりましたが、事業をしていた頃の借り入れ金が約1600万円ありました。
現在の勤務先、住まいが、実家と離れている事。
今のご時勢、売却しても借金が残る可能性がある事。
将来的にも戻ることは考えていない事から、姉と私は相続放棄を決め、受理されました。

教えて頂きたいのは
①父は生命保険に加入していましたが、相続放棄を先にしてしまい、保険金の請求はその後になってしまいました。
保険金の受取人は母になっていましたが、その母は平成22年5月に死去。
一応手続きは済み、支払ってもらえるようですが、この保険金は債権者に取られるのでしょうか?
受取人変更の手続きをしなかったのはこちらのミスですが、もし貰えるのであれば、お墓代の足しにしようと考えています。
相続放棄が受理されるまで、生前父が使用した電気、ガス、水道、税金等を立て替えた分は回収できないのでしょうか?
※支払い済みの振込用紙は保管してあります。
②相続放棄の旨を債権者へ伝えたところ、借金の抵当(自宅、アパート)のうち、アパートは父と母の共有財産であることが判明。
母の相続放棄をした方がいいと勧められました。三ヶ月以上経っていますが、可能ですか?
よろしくお願いします。

質問者相続放棄受理男 さん 質問日2011年4月5日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年4月13日

①生命保険金は、受取人が指定されている場合は、相続財産ではなく、母の固有財産となります。
(但し、税法上は、みなし相続財産とされて課税されます。)
したがって、母が亡くなれば、その相続財産となり、父の相続を放棄したあなた方も母の相続は出来ます。
電気代等の立替分は、相続債権ですから、他の債権者と同様の立場となります。

②3ヶ月以上経っていると、相続放棄は出来ません。
したがって、父母の相続財産で足らない分は、支払わなければならなくなります。
但し、あなた方の負債は亡母のものに限られ、母が父の借金に連帯保証していなければ、母の自宅の共有持分の限りで、それ以上の負債は相続しません。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

抵当に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口