みんなの相続Q&A - 遺言(口頭)

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºè¨€ï¼ˆå£é ­ï¼‰

キーワード

遺言と遺言書

相談窓口

遺言(口頭)

中小企業に、工事部長(役員ではない)として勤めておりまして、
去年、代表取締役社長が亡くなり、社長が家族への遺言(口頭)で
工事部長は私に引き継いでもらいとのことでなのですが、
私自信に直接に遺言があった場合でなくても、有効なものになるのでしょうか。
遺言の件に関しては納得できていませんが、取引先の企業関係、社内事情などを
含めて、現在、やむ得なく工事部長としての職務に従事しておりますが、
法律的な判断も取り入れて、今後の対応に備えたいと思っておりますので
よろしくお願いいたします。

※代表取締役には専務(同社勤務)であった者が就任しました。
 この件に関しても社長が家族への遺言(口頭)がありました。

質問者K.K さん 質問日2008年6月25日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

口頭による遺言は特別の状況と手続きを踏まないと効力が張りません。
 それよりも会社の役員は株主総会で決めますので、株主総会での議決権がオーナー一族にあるのであれば、その株主の意思に従うことになります。

行政書士の回答

松本里香行政書士事務所
専門家松本里香行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

K,K様
初めまして。
行政書士の松本と申します。

口頭での遺言は認められません。
また、仮に遺言書に記載されていたとしても
遺言書でできる事は法律に定められており
上記内容は、規定の範囲外の為、認められません。

税理士の回答

大島庸生税理士事務所
専門家大島庸生税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月26日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ご質問の向きがよく理解できませんが、故人の意思として、遺言というかたちで、人事異動がなされ、現職の工事部長という職についた事がご不満であり、この人事異動は無効ではないかとお考えなのでしょうか?
また同様に、専務であった方も故人の意思により代表取締役になった事が釈然とされないという事でしょうか?

会社において、取締役は定款の定めによりその員数を決めており、会社の所有者たる株主による株主総会の決議に基づき、本人の就任の意思を確認した後、登記され、その会社の取締役として業務を行なうという手続きを踏みます。
また代表取締役の選任については、取締役会が設置されている会社であれば、取締役会の決議により選任され就任となり、正式に登記した後、会社の経営の最高責務を負う事になります。
取締役の責務は重く、「善管注意義務」、「忠実義務」が課され、会社経営の全責任を問われ株主代表訴訟の対象ともなります。

つまり、会社とは、株主により経営を委託された取締役らがその中の代表者(代表取締役)を中心として、会社の運営を行なうものであるとご理解下さい。

ご質問の中にある、元専務は、故人の意思に基づき、その相続人であるご家族=現株主と思われる方々の付託を受けて前出の正式な手続きを経て、代表取締役に就任なさったものと解します。
代表取締役に就任した元専務は、故人の意思を尊重しつつ、業務の円滑な運営をはかるためK.Kさんを業務命令により工事部長に異動させたという事ではないのでしょうか。

故人の意思が反映されてはいるというものの、会社としては適正妥当な手続きに則った、取締役の選任・就任、代表取締役の選任・就任が行なわれ、それに伴い、適正な人事異動がなされたように思われますが。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

専務に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口