みんなの相続Q&A - 退職金の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é€€è·é‡‘の相続について

キーワード

相続 相続財産

相談窓口

退職金の相続について

4月に母が亡くなり、父と姉妹の3人で相続をすることになりました。しかし、3人とも知識が無く、母が保険の外交員だったこともあり、保険会社の担当者が名義変更やら解約やら何回も来てくださって以前から知っている人でしたし、悪いようにはしないだろうと言われたとおりにしていました。
はたと気がついてみると、私たちの相続できる金額がありません。父も私たちに1千万円づつは分けたいとは言ってくれていますが、保険金3千万円は受け取りが父なので手がつけられず、退職金2400万円をわけようとしたら、父の口座にもう振り込まれてしまっているから無理だといわれました。どうも保険の担当者は6千万の大口の保険を取りたい様子で勧めてきています。他にも、養老保険というので10年で500万円になる定期みたいなのを何個かあるみたいなのですが、それも父名義に変更されています。私たち姉妹が相続する方法はありますでしょうか?

質問者後藤 さゆり さん 質問日2008年6月24日

弁護士の回答

塩澤法律事務所
専門家塩澤法律事務所
回答日2008年6月24日

退職金2400万円について、父の口座に振り込まれていても、当然、姉妹に相続する権利があります。
6000万円の保険に入ったあとでも請求することはできますが、手続きが大変になるので、その前に、きちんと父親に請求するべきだと思います。

行政書士の回答

松本里香行政書士事務所
専門家松本里香行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

後藤様

初めまして。
行政書士の松本と申します。

ご質問の件ですが、
保険金に関しては、受取人と指定
された人の固有の権利となり
相続財産には含まれません。

また、退職金に関しては
既にお父様の口座に振り込まれている
との事。
会社の就業規則等で、受給権者の
範囲や順位が民法とは違った
内容で定められているものと思われます。

こういった場合には、この規定が優先され
受給者が自己固有の権利として
取得する事になります。

お父様に、1千万程度分けたいという
気持ちがおありのようですので、
相続という形ではなく、
お父様から子供達への贈与という形に
されればいかがでしょうか?

年110万円までは贈与税がかかりませんので
10年くらいに分けて贈与されたら
いいのではないですか?

一度、お父様とお話し合いになって
みてはいかがでしょうか?

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

生命保険金も退職金も本来の相続財産ではなくみなし相続財産ですので、生命保険金は契約者と保険会社の間で契約された受取人が受け取り、退職金は会社の退職金規定により受取人として定められたものが受け取りますので、両者ともお父様が受取人であったのかと思います。
 そのとおりだとするとあなた方は受けとることはできません。
 ただし方法としては、家財その他の財産をお父さまに相続してもらい、その代償としてお父さまから お父さまの本来の預貯金、あるいは保険金・退職金から受け取る方法があります。この分割方法を代償分割といいます。
      税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口