みんなの相続Q&A - 遺産分割協議書 再発行について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£åˆ†å‰²å”議書 再発行について

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 相続税 不動産の相続 固定資産税 成年後見人・任意後見人 手続き 名義変更 土地の名義変更

相談窓口

遺産分割協議書 再発行について

お世話になります
約20年前祖母がなくなり、3人の相続人(実子)で遺産分割協議書を作成しています。そのうち2人は協議書に基づき、相続した不動産の名義変更を済ませているのですが、一人だけ相続分の名義変更しないまま放置していました。最近、名義変更をしていないことに気付き、変更しようとしたのですが、他の兄弟二人の印鑑証明がなく新たに印鑑証明を取り寄せようとしました。しかし一人はすでに亡くなり、もう一人は寝たきりで意識がなく成年後見人が財産管理をしている状態で、印鑑証明が手に入らない状況です。印鑑証明がないと作成した協議書に基づく、名義変更はできないのでしょうか。この場合の名義変更手続きはどうなるのでしょうか。なお祖母が亡くなったとき、協議書に基づいた相続税をそれぞれ収めています。また、相続に基づいた固定資産税を相続後収めています。よろしくご検討お願いいたします。

質問者水島 さん 質問日2011年2月11日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年2月15日

不動産の名義変更とは、所有権移転登記をするということで、登記申請には印鑑証明が必要です。
また、そのうちの1人は死亡しているから、印鑑証明自体取れないでしょう。
もう1人は、成年後見人がついているから、その後見人の了解と後見人の印鑑証明が必要です。
死亡した人については、その全相続人の了解と印鑑証明が必要です。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2011年2月25日

当時の印鑑証明書が手に入らないのであれば,
2人の共同相続人(亡くなった方については
その相続人,寝たきりの方については,その
成年後見人)に協力してもらって,20年前
と同内容の新たな分割協議書を作成してもら
うのはいかがでしょうか。
協力できないということであれば,訴訟も検討
すべきでしょう。

弁護士 峰岸 泉

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

実子に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口