みんなの相続Q&A - 父の預金について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > çˆ¶ã®é é‡‘について

キーワード

相続 不当利得・横領 銀行預金 名義変更 遺産分割

相談窓口

父の預金について

実父が医者からいつ容態が急変してもおかしくないと告げられている為、先日義母(20年前に再婚)と財産分与について話し合ったところどうしても家は貰いたいと言うので私も家は欲しくはないから預貯金の中から分割すれば良いと告げました。この時には預貯金は700万位あるので500万を私に分与するとの事でしたが後日全ての通帳を見せて欲しいと言うと渋々見せましたがざっと2000万円以上あり既に定期預金から800万円引き出されており問いただすとリフォーム費用(300万円位)と残りは(痴呆の始まった実父)がくれたと言い張りました。自分名義の預金は実子の為に残すからと実父が入院してから普通預金からも毎月の様に50万円近く引き出されています。このまま放置しておくと実父が亡くなる前にかなり義母の預金か義母の実子(4人)に渡ってしまうのではないかと不安です。
父はもう3年入院していますがその間の父名義預金の預金等は保全されるべきと思いますが義母が少しずつ自分名義に換えたり隠すなどしていた場合は専門機関に依頼し正当な金額を相続することは可能ですか?

質問者かず さん 質問日2011年2月6日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年2月9日

父に正常な判断能力がある場合は、同人の預金の管理を義母に委せているのは、父の意思です。(そうでなければ、父に事実を説明して、管理をあなたに委せてもらうなどすれば良い。)
管理の範囲を超えて引き出して、自己や子の預金にしているものは、横領金となります。
その分は、相続のときに特別受益として精算要求することが出来ますが、相手はたいていの場合拒否します。
したがって、管理者を変更する必要があります。
成年後見人の選任は家庭裁判所が行い、被後見人(父)の「心身の状態」「生活及び財産の状況」「後見人となる者との利害関係の有無」等を考慮して選任されます。(民§843)
あなたのケースでは、上記の要件に該当し、後見人が選任されると考えられます。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

容態に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口