みんなの相続Q&A - 遺言書について。

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºè¨€æ›¸ã«ã¤ã„て。

キーワード

遺言と遺言書 手続き 争続・トラブル 公正証書遺言

相談窓口

遺言書について。

遺言書の効力について、教えてください。

祖父の遺言書が見つかりました。
・・・が、遺言がなぜか謄本に書いてあります。

昭和初期、昔は謄本に書いていたのでしょうか?

その場合、有効な遺言書になりますか?
無効になるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

質問者ゆず さん 質問日2011年2月2日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年2月8日

謄本って、何の謄本ですか?戸籍謄本ですか?
遺言書は、厳格な要式に従ってないと無効とされます。
書く用紙については限定されていませんが、謄本の記述とごっちゃになって、何を書いているのか判らないこともあるし、謄本には、たとえば、戸籍謄本だと戸籍係官の記名押印があるので、それを、遺言書と見なすことは出来ないと考えられます。
実際にその遺言書を見てみないと何とも言えません。

弁護士 山城 昌巳

行政書士の回答

noPhoto
専門家OSS社会保険労務士・行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2011年2月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは。
謄本と言う事ですから、それは公正証書遺言の事でしょうか?
もし、そうならば、何処の公証役場で書いたかが判る筈ですが・・。
もしそれが判らなければ、当時お爺様が住まわれていたお近くの公証人役場でお確かめ下さい。原本が見つかるかもしれません。
遺言が有効か無効か?ですが、原則一番日付が新しいものが有効であり、その昭和初期に書かれたもの以外に見つからなければそれは有効ですが、昭和初期と言うと今から80年以上前になりますが、お爺様が亡くなられたにはいつでしょうか?もうすでに相続が完了していれば、それを覆すのは難しいと思いますが。
中身が判りませんので概略だけ書かせていただきました。
詳細が判ればもう少し回答が変わりますので必要で有ればお問合わせください。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

謄本に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口