みんなの相続Q&A - 相続による不動産を売却した場合の譲渡所得税について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã«ã‚ˆã‚‹ä¸å‹•ç”£ã‚’売却した場合の譲渡所得税について

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 不動産の相続 譲渡所得と所得税 不動産の売却

相談窓口

相続による不動産を売却した場合の譲渡所得税について

2009.11月に主人が亡くなり、遺産分割協議書作成のもと、不動産(建物のみ)を相続しました。
子供なし。
土地は義両親の名義なので義両親のものです。
家が完成したのは2008.3
建物分購入費用は3200万ほどでしたが、購入時頭金500万を入れており、ローン2700万ほどは、団信にてなくなっております。
現在病気で働けないこともあり、今後の生活のためにも不動産は売却しようと思っております。
昨年夏から売りに出していますが、まだ買い手がつきません。
土地、建物所有者が別なため、土地は土地、建物は建物で不動産屋と契約しております。
今回売却できた場合、譲渡所得税はかかるのでしょうか?
購入した時よりも低い金額で売り出しています。(建物分は3200万購入を1500万ほどでの売り出しです。)しかし、ローンは団信で相殺されています。
住居用の特例もあると聞いたので、住民票はそのままなのですが、病気で収入もないため、生活維持が難しく光熱費削減のために実家と売却の家を行ったり来たりして生活しております。
早く片付けたいのですが・・・。
ぜひ教えてください。
よろしくお願い致します。

質問者うさぎ さん 質問日2011年1月24日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2011年1月28日

建物の取得価格は3200万円で(団信で支払い済みであっても取得原価は変わりません)売値が1500万円で売れたとしても、譲渡による所得はありません。
税金はゼロです。
したがって、居住用の特例を受ける必要もありません。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2011年1月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

建物は売却益が出ませんので譲渡所得税は課税されません。
 売却価額からご主人が購入されたときの価額を差し引きますが、購入間もないため減価償却費も少なく、売却益が出ることはないものと思われます。ただし、購入されたのが居住用の買い替えなどの特例を適用されている場合は別ですが、お尋ねの文面からはそのようには読めませんので大丈夫でしょう。
 万一利益が出る価額で売れたとしても、居住用財産に対する3000万円の特別控除がありますの税金のご心配はないように思います。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

買い手に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口