みんなの相続Q&A - 父の財産の使い込み

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > çˆ¶ã®è²¡ç”£ã®ä½¿ã„込み

キーワード

相続 不動産の相続 成年後見人・任意後見人 銀行預金 不当利得・横領

相談窓口

父の財産の使い込み

父(79才)が脳梗塞で入院し、認知症もあるということで、通帳を確認した所、2000万円くらいあったはずの貯金が同居している弟が無断で引き出し、500万位しか残っていませんでした。私は、姉で、結婚して別居しています。弟は、近頃あまり家に帰らず、弟の嫁と娘は、お金は、貰っていません。弟の嫁には、苦労をかけて申し訳なく思っています。田舎で、130坪位の土地を所有
し、持ち家です。残っているお金は、父の入院費用などこれからの生活費として残しておきたいです。土地を弟の嫁とその娘に相続させたいのですが、どうしたらいいでしょうか。

質問者りかママ さん 質問日2010年12月12日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年12月17日

お父さんに、遺言書を作ってもらい、弟の嫁、とその子に、土地、預金の残りを遺贈するとしてもらうか、弟の嫁を養子にして相続させるかです。
遺言は認知症が少しあると、後で無効とか言われる可能性があるので、養子が良いでしょう。
そうすると、弟も相続人ですが、父の預金を1500万円くらい使っているので、相続のとき、その分を差し引くことが出来ます。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年12月14日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

弟の嫁さんとその娘さんはお父様の相続人ではありませんので、そのままでは相続できません。認知症もあるということですが、遺言書を書くことができれば書いてもらのがいいと思います。字は書けなくても口頭で言って公証人が遺言書を作成しえくれることができます。
 それでなければ、生前に贈与してもらうことでしょう。お父様にその意思能力があればその方がいいかもしれません。贈与税がかかりますが2人に分ければ少なくなりますし、それでも税金が高ければ2年に分ける方法もあります。
 現在孫(20歳以上ならば)に対する贈与は非課税枠を広げる改正が検討されていますので、来年の3月頃にはっきり決まってからお孫さんに贈与するのもいいでしょう。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

持ち家に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口