みんなの相続Q&A - 相続の分配について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã®åˆ†é…ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺言と遺言書 遺産分割協議 不動産の相続 遺産相続の割合

相談窓口

相続の分配について

両親が亡くなり親の預金は私と弟(一人)で6対4の比率で分配しましたが、土地・家屋(合計1500万位)は私が相続しました(弟も認めました)。この不動産を売却した場合、弟が要求した際は分配しなくてはならいのでしょうか?尚、父の遺言状では「私に処分は一切任せる」と書いています。私は相続した以上今後色々とお金がかかるので弟には分配するつもりはありませんが、要求された場合はどのように対処すれば良いのでしょうか?又、法律では5対5と知人から聞いていますが正しいのでしょうか?以上、ご指導ください。

質問者岩田伸一 さん 質問日2008年6月18日

行政書士の回答

行政書士オフィスぽらいと
専門家行政書士オフィスぽらいと(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

はじめまして。行政書士の財間と申します。

お父様の遺言に具体的な指示が書いてなかったという前提でお話します。

弟さんと話し合ったことを書面にして、遺産分割協議書をお作りになったのでしょうか?

もし遺産分割協議書をお作りになっていて、お二人とも署名と押印をされているのであれば、弟さんが要求してきても分ける必要はありません。

不動産をもらった以上、処分しようと人に貸そうと、ご相談者様の自由です。

でも、まだ遺産分割協議書をお作りになっていない場合は、弟さんが「そんなこと認めていない」と言い張れば、話し合ったことの証拠がないので、もう一度話し合いになります。

その場合、不動産を売ることを弟さんが知れば、代金を分けるよう要求する可能性はあります。

法律の相続分は、兄弟が二人しかいないのであれば、5対5(半分ずつ)となりますが、このとおりに分ける必要はありません。

預金は6対4で分け、不動産は相談者様がもらうことで話し合いが決まり、書面になっているのであれば、そのとおりに財産を分配することになります。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年6月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

父上の遺言で遺産の処分を任されたそうですが
その意思に従って個別の財産の相続を遺産分割協議によって決められたのだと解釈してよろしいでしょうか。
 上記の遺産分割によって土地建物をあなたが相続されたのであれば、それを売却した代金もあなたの受け取るべき金額となります。不動産の売却を機会に弟さんにいくらかお金を渡す場合には、あなたから弟への贈与として取り扱われます。
法定相続分は兄弟2人の場合は5対5ですが、遺産分割協議で合意した場合にはそれにとらわれず自由に分けられます。問題点は遺産分割協議によって土地建物をあなたが相続することになっているかどうか、6対4になっているかどうかにかかっています。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

分配に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口