みんなの相続Q&A - 亡き父から兄嫁への贈与

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > äº¡ãçˆ¶ã‹ã‚‰å…„嫁への贈与

キーワード

相続 遺留分 遺産分割 贈与税 遺留分減殺請求 贈与・生前贈与

相談窓口

亡き父から兄嫁への贈与

はじめて質問させていただきます。今年にはじめに父が亡くなりました。母は既に他界しております。相続人は兄と私だけです。最近になってどうも3年前ぐらいに兄の嫁とその子供2人に贈与があったらしく贈与税も払っているというのです。相続財産として約1千万の現金がありこれは兄と二人で半分ずつ相続しました。3年前の贈与が証明できれば遺留分減殺請求ができるような気がしますがいかがでしょうか?それとも相続人で無いので無理なのでしょうか?できるとしたら兄に請求でしょうか?それとも兄嫁に?私ども夫婦は父からは一切もらっていません。

質問者goru13 さん 質問日2010年11月12日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年11月12日

遺留分減殺請求は,贈与を受けたものに対して
行います。
兄嫁が受けた分は兄嫁に請求,子が受けた分に
ついては子に請求ということになります。

相続人以外の者に対する遺留分減殺請求は可能で
すが,本件のように,相続開始の1年前の日より
前にした贈与については,贈与者(母)及び受贈
者の双方が,遺留分権利者(弟)に損害を加える
ことを知って贈与したことが必要です。
この立証責任は,減殺請求をする者(弟)にあり
ます。

遺留分割合は,1/2ですから,減殺請求をするた
めには,少なくとも,兄嫁らが,1000万円以上,
贈与を受けたことが必要になるでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年11月17日

被相続人(父)が共同相続人の一人に生前贈与したものは、相続財産に組み入れて、相続分を計算(贈与を受けた者は、その分を差し引く)しますが、兄嫁、その子供は相続人でないので、そういうことにはなりません。
遺留分については、相続開始前1年間の内になされたものに限ります。(但し、当事者双方が、遺留分権者に損害を与えることを知って贈与したときは、1年以上前の贈与も含まれる。)
また遺留分請求は、その贈与額を遺産に組み入れて計算した場合の相続分より、これを組み入れないで計算した相続分の額が1/2以下になるときに認められるものです。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

兄嫁に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口