みんなの相続Q&A - 遺贈分から取り返したり、支払わせることができるでしょうか。

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºè´ˆåˆ†ã‹ã‚‰å–り返したり、支払わせることができるでしょうか。

キーワード

相続 遺産分割 遺言執行者 株式の相続 遺贈 弁護士費用 銀行預金 遺言と遺言書

相談窓口

遺贈分から取り返したり、支払わせることができるでしょうか。

独身の兄が急逝し、遺書で自己保有のマンションや有価証券や預貯金など金銭的価値のある財産を女性に「相続(遺贈という言葉は使っていない)」させるとしました。有価証券や預貯金などその大半は親の遺産です。3年前に親がなくなったとき、財産の中身を低く言われて、嫌々ながらも相続分割書に署名、押印させられた結果です。
  唯一の法定相続人である私に残された財産は動産、金銭的価値のない田舎の家屋や田畠です。葬祭費の支払い、兄に関しての後片づけなど全て私が負う羽目になり、精神的にも、肉体的にも疲れ果ててしまい、兄の死を悲しむよりもとんだ災難に出会った気がしています。
   もっと悲しいのは、兄と私名義の保険年金を自分の通帳に振り込ませ(相続人代表者ということで受け取っていました)、私には一切、支払っていなかったことです。証書が見つかり、彼女に「相続」させるとしている預貯金の通帳に記載されていました。
    額は兄と半分にした額で80万程度であり、彼女に譲る預貯金などの金額の100分の1にすぎませんが、このお金だけは彼女に渡るであろう預貯金から取り返したいと思いますが、可能でしょうか。この件を除いて、私は、これ以上、「遺贈」に関して関わりたくないのですが、遺言執行人の指定がないので、どなたか専門家に頼みたいと思っております。その費用は、私が払わなければならないのでしょうか?

質問者モチカ さん 質問日2010年11月7日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2010年11月14日

相続人として、預貯金の一部を解約したり
して、80万円の返還を受ければいいのでは
ないでしょうか。
遺贈に関わりたくないなら、放っておけば
いいでしょう。受贈者が、自分でなんとか
すると思います。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年11月15日

親の相続に関する遺産分割協議を、今からひっくり返すことは、非常に難しいことです。
嫌々ながらも、あなたは同意したのですから。
葬儀費用は、原則的には相続人負担ですが、その女性は相続人ではないけれど、全遺産の遺贈を受けたなら、それは、包括受遺者ですから、相続人と同一の権利義務を持つことになります。
遺言執行者の費用は、相続人の負担ですから、前記同様となります。
しかし、遺言執行者を選任するメリットは、何かありますか?
保険年金については、あなたに半分権利があることを証明すれば、その分は、その女性が払ってくれるのではないでしょうか。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口