みんなの相続Q&A - 遺産分割の家賃分を寄与として請求できるか?

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£åˆ†å‰²ã®å®¶è³ƒåˆ†ã‚’寄与として請求できるか?

キーワード

相続 遺産分割 寄与分

相談窓口

遺産分割の家賃分を寄与として請求できるか?

前回、勤務地の関係で新築の自宅を母と姉に無償で貸し、母の死後も9年間、姉が住み続けいた期間の家賃分を寄与として請求できないか、との質問をいたしました、風太郎と申します。
山城昌巳弁護士、早々にご返答ありがとうございました。

確認をさせていただきたいのですが、今回の遺産相続は亡くなった姉の遺産分割問題です。広くて新しい一戸建てに9年間も住んでいて、この間の家賃分は姉への特別の寄与とはならない、ということでしょうか?

安い借家で暮らすことを考えれば、広くて立派な家に住めたのですし、家賃分を支払うことなく住み続けたから、それだけ分の財産が増加できたことを思えば、月々10万円ほど、約1000万円を家賃分として寄与の請求できるのではと思えるのですが、いかがでしょうか?

なお、姉は退去後月11万円の家賃のアパートで住むことになりました。自宅に住む間、退去を申し出たことはありませんが、仮に会社などで他の方に貸すことになれば、それだけの家賃分が入ったのではと感じます。
よろしくお願いいたします。

質問者風太郎 さん 質問日2010年10月26日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年10月29日

寄与分が認められるのは、①被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、②被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別な寄与した場合です。(民§904の2、1項)
御質問の場合は②に該当するかどうかということです。
寄与したことは十分考えられますが、兄弟姉妹にも扶養義務があるので、それが「特別な寄与」にあたるかどうかは微妙な問題です。
また、前回の質問事項の中で、母も姉もあなたの家に住むことを嫌がっていたということなので、あなたの方から他人に貸すと色々問題も起こる故、留守番代わりに住むことを頼んだと認められるので、寄与分は認められにくいとお答えした次第です。
尚、前回の回答では、母の相続と勘違いしていましたのでおわびして訂正します。

弁護士 山城 昌巳

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

退去に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口