みんなの相続Q&A - 公正証書遺言と分割協議書

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å…¬æ­£è¨¼æ›¸éºè¨€ã¨åˆ†å‰²å”議書

キーワード

相続 遺言と遺言書 遺産分割協議 不動産の相続 手続き 公正証書遺言 株式の相続

相談窓口

公正証書遺言と分割協議書

2週間程前に亡くなった父の遺産相続の件で、相談致したくよろしくお願いします。相続人は、母、私(長男)、姉の3名です。遺産としては、土地、家屋、金融資産(預金、株、父が私に掛けていた生命保険)で、負債はありません。父は生前公正証書遺言を残しており、私が遺言執行者として指名されておりました。金融資産については、すべて母が相続することになっており、その通りに金融機関、証券会社と手続きを進めるべく、必要書類の準備を行っておりますが、土地・建物については、遺言が書かれたのが十数年前で、その後、内容が書き換えられておりませんので、私ども家族の現状を考え、どのようにするのがベストか母、姉と相談しております。遺言書では土地は、半分は母へ、私と姉に四分の一ずつ(その他、家の前の私道が近所の弐軒と共同所有となっており、その1/3の父の持分になっていた分は私が相続するように書いてありました)、家屋については、ニ世帯住宅で一階に両親が、二階(こちらは私の名前で登記済み)に私の家族が住んでおり、今回相続対象となる家屋は、一階の両親が住んでいる部分(現時点では母のみ)ですが、この家を建てた当時は姉が嫁ぐ前で一階に同居していたこともあり、姉が一階の家屋を相続するように記載されています。一方で、姉は結婚後、義兄と共同でマンションを購入しております。また義兄の故郷に別途家が有り、退職後そちらに住む可能性も有るので、土地、家屋とも相続の意志は無し、また世帯は別ですが、実質的に私の家族が母の面倒を見ることになるので、自分が相続できるはずだった分に関しての対価も一切求めないと言われております。このような場合、公正証書遺言が残っていても、相続人間で分割協議を行い合意できれば、土地・建物を母と私で税金の問題も考慮した上で(母も高齢なので、母が相続しても再度相続手続きを取らなければならない可能性を考慮)相続しても問題はないのでしょうか?また、分割協議書は家庭裁判所等に提出する必要があるのでしょうか?または相続人が各々所有・保管していればよろしいのでしょうか?長くなりましたが、よろしく回答お願い致します。

質問者遺言執行者K さん 質問日2010年10月21日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2010年10月27日

被相続人の遺志として遺言は尊重すべきものですが、全相続人合意のうえ、これと異なる遺産分割をすることは、違法でありません。相続人にも、自由意思は認められるからです。また、遺産分割協議書は、家庭裁判所に提出する必要はありません。(提出は受付けてくれません。)各自が保管していれば良いのです。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2010年10月21日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺言書の書き方が、財産を個別に相続人を決めている特定遺贈の場合は、遺贈を一旦放棄して、全員の共同財産に戻し、遺産分割協議書により分けることも可能です。
 遺産分割協議書は家庭裁判所に提出する必要はありません。印鑑証明を付して遺言書と共に遺産分割協議書を保存されればいいでしょう。
 税理士 高山秀三

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口